発毛剤は効果が強い分、副作用のリスクが高いので注意が必要

発毛効果が臨床的に確認されている強力な薬剤の場合、
副作用の可能性も高いものが多く、注意しながら使用する必要があります。

特に、

  • ミノキシジル
  • フィナステリド(プロペシア)

などを配合した有効な発毛剤の中には、
死亡にまで至る症例が報告されているものもあるため、
体の弱い人や、アレルギー反応の強い人、
循環器系や肝機能に障害のある人は、使用を避けた方がいいでしょう。

発毛剤と育毛剤はどう違う?

日本国内の薬事法で定めるところによれば、

  • 育毛剤=医薬部外品の製品
  • 発毛剤=処方箋医薬品、一般医薬品(第一類〜第三類)

と定められているようですが、
薬に詳しい方でも無い限り、はっきり区別していることは少なく
インターネット上の商品説明などでも混同しているものをよく見かけます。

育毛剤は副作用がほとんどない?

医薬部外品に分類される育毛剤は、
基本的に副作用の可能性が低く、
あっても重大な事故に繋がるようなリスクのない製品です。

医薬部外品というのは、販売に許可が必要な医薬品と違い
コンビニエンスストアやスーパーマーケットのような一般店舗でも
販売・購入することができる製品です。

そのため、人体や環境に強い影響を与えるような、
「強い薬」は含まれていません。

その分、効果に関しては控えめになるので、
「髪を生やす」という直接的な効果は育毛剤にはありません。

頭皮環境を整え、抜け毛を予防し、
発毛しやすい土台を作っていく育毛ケアの一環として
毎日のケアに使い続けていくのがいいでしょう。

発毛剤は使用に注意が必要

現在、日本国内で認可されている発毛剤は、
処方箋医薬品と一般医薬品(第一類〜第三類)のものが該当します。

一般医薬品は薬剤師または認可を受けた販売者しか販売できないもの、
処方箋医薬品は医師の書いた処方箋がないと販売してはいけないもので、
効果が強い分、厳重に管理されていることがわかります。

代表的な発毛剤として広く使われているものでも副作用の可能性があり、
ミノキシジルは不整脈や血圧低下など、循環器系の副作用が、
フィナステリドは勃起不全など、性ホルモンに関係する副作用が多く報告されています。

医師や薬剤師の指示を守って使用することはもちろん、
人から借りてちょっと試してみる、といった安易な使用も
できる限り避けておきたいところです。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ