プロペシアなどの発毛剤を個人輸入する際のリスク

育毛剤であるプロペシアとミノキシジルは、医薬品です。
これらは本来は、医師によって処方してもらわなければ、
手に入れられないことになっています。

ところが現在、プロペシアやミノキシジルは個人輸入によって、
海外製のものが手に入るようになっています。
個人輸入の代行業者に依頼すれば、通販で購入するのと変わらない手間だけで、
これらを簡単に購入することができます。

海外製のプロペシア・ミノキシジルは、医師に処方してもらう場合に比べ、
価格が半額〜数分の1になります。
ですのでこれらを個人輸入で購入している人は、かなり多いと思われます。

ただし本来医師に処方してもらわなければならない医薬品を、
個人輸入によって購入するのは、それなりのリスクがあります。
それをここではまとめました。

リスク1 偽物や粗悪品を掴まされる可能性がある

医薬品を個人輸入する際のリスクは、
まず第一に偽物や粗悪品を掴まされる可能性があるということ。
プロペシアの偽物・粗悪品は、実のところ多いです。

販売サイトでは、もちろん「本物」であると謳っています。
しかしそれが本物である証拠は、何一つありません。

偽物の医薬品は、実に巧妙に作られています。
現物を実際に見たとしても、素人にはそれが本物なのか、
偽物なのかを判断することはできません。

偽物の医薬品は、本物と比べて効果が低い、または全くない場合があります。

さらに偽物の医薬品は、それどころか、
危険な成分や不純物が含まれていることがあり、
それによって健康被害を受けた例も数多く報告されています。

しかも、仮に健康被害を受けたとしても、それは自己責任となります。
何の補償も受けることはできません。

リスク2 日本で認可されていない成分が含まれる場合がある

海外製の医薬品は、その製造国では認可を受けているものです。
しかし日本では正式に販売されているものではありませんので、
日本の厚生労働省による認可は受けていません。

なので海外製の医薬品には、
日本で認可を受けていない成分が含まれる可能性が高いです。

日本人と外国人では、体の大きさも体質も異なります。
外国人には心配なくても、日本人にとっては悪影響がある成分が、
含まれている可能性がありますので、安全性を保証することができません。

リスク3 診断を受けないので症状に適しているか分からない

個人輸入で医薬品を購入すれば、
医師の診断を受けずにそれらを飲むことになります。

本来医師の診断が義務付けられている理由の一つは、きちんと診断しなければ、
症状がその薬に適しているかどうか判断ができないからです。

プロペシアやミノキシジルは、すべての薄毛を改善できるわけではありません。
診断なしに使用しても、症状が全く改善しないことは大いにあり得ます。

リスク4 副作用のリスクが高まる

プロペシアにもミノキシジルにも、かなり強い副作用があります。
さらに薬の飲み合わせによっては、死亡する場合もあります。

これら副作用のリスクは、医師の診断を受けることで、最小限に抑えられます。
飲みあわせる薬についても、指導を受けることができます。

しかし個人輸入で診断なしに購入すれば、そのような指導は受けられません。
強い副作用がある医薬品を診断なしに使用することは、
「非常に危険」といえることです。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ