プロペシア(フィナステリド)の効果・副作用について

フィナステリド(プロペシア)という薬剤は、
AGA治療に効果があるとして臨床的にも認められたものの1つです。

日本だけでなく世界的にも、薄毛の治療薬として使われており
発毛実績も高い、代表的なAGA治療薬ですが
副作用などのリスクもあるため、使用には十分な注意が必要とされます。

フィナステリド(プロペシア)の効果について

フィナステリドの詳しい作用

AGA(男性型脱毛症)の大きな原因の1つに、
男性ホルモンのバランス変化ということが挙げられます。

男性らしい体つきを作るためのホルモン「テストステロン」は、
5αリダクターゼという酵素のはたらきで、
「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化します。

ジヒドロテストステロンには、皮脂腺の受容体と結びつく性質があり、
皮脂腺の機能を活発にします。
このため皮脂の分泌が過剰になり、
毛穴の詰まり、過酸化脂質の生成など頭皮環境を悪化させて
脱毛の原因を作ってしまうのです。

フィナステリドには、5αリダクターゼを阻害する性質があり、
そのためジヒドロテストステロンの分泌を減らす効果が確認されています。

結果として脱毛を抑制し、AGAの進行を食い止めることに繋がります。

フィナステリドは国内では購入できない?

フィナステリドは、日本の薬事法の分類では「処方箋医薬品」とされています。

これは、いわゆる「医療用」の医薬品で、
入手するには医師の処方箋が必要になるため、
一般の薬局やドラッグストアなどでは販売することができません。

そのため、フィナステリドを使う場合には
AGAクリニックなどで専門医の診察と治療を受ける必要があります。

例外として、アメリカなどの海外で販売されている製品を
個人輸入する形で手に入れることは可能ですが、
後述するように副作用のリスクがある「強い薬」なので、
十分な知識がない状態で安易に使用することは、おすすめできません。

「効果の高い発毛剤らしいから」と評判に飛びついたり
「1度使ってみたい」といった興味本位での購入は避けて、
専門医の診断と処方に従って使用するようにしましょう。

フィナステリド(プロペシア)の副作用について

フィナステリドはもともと、前立腺疾患の治療に使われていた薬剤で、
男性ホルモンに対する強いはたらきがあるため、
勃起不全や女性化乳房といった副作用が報告されていました。

AGA治療に使用する場合、
前立腺治療に比べると投薬量は少ないため、
副作用も比較的軽いケースがほとんどですが、

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 不快感
  • 肝機能障害

などの副作用例が報告されています。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ