リアップとロゲインの効果と副作用(ミノキシジル配合発毛剤)

ミノキシジル配合の医薬品は、発毛効果の半面で副作用もあるため
十分気をつけて使用していく必要があります。

ミノキシジルを使用したAGA治療薬のうち、
国内で認可されているものとしては

  • 大正製薬「リアップ」シリーズ

があります。

また、AGAクリニックなど使用される海外の医薬品として、

  • Rogaine(ロゲイン)
  • Loniten(ロニテン)

の2つがよく使用されています。

それぞれの特徴をよく理解した上で、
副作用に注意しつつ利用していきましょう。

リアップの効果と副作用

大正製薬が発売しているリアップシリーズは、
ミノキシジル配合の第一類医薬品です。

シリーズ製品として、
薬用シャンプーやコンディショナーもラインナップされていますが、
これらの医薬部外品には、ミノキシジルは使われていません。

リアップ(60ml)

ミノキシジル1%配合。

リアップ×5(60ml)

ミノキシジル5%配合。

リアッププラス(100mL)

ミノキシジル1%配合。
パントテニールエチルエーテル(栄養補給)、
トコフェロール酢酸エステル(抗酸化作用)、
l-メントール(消炎症、痒み抑制)の3つの有効成分を追加したもの。

リアップジェット(100ml)

ミノキシジル1%配合。エアゾールタイプ。

リアップ×5のみ、5%配合と非常に効果が強くなっていますが、
その分、痒みやアレルギーなどの副作用が起こる可能性も高いようです。

ロゲインの効果と副作用

ファイザー製薬(アメリカ)が販売している、
ミノキシジル配合の医薬品です。

ロゲイン5%(60ml)
ロゲイン2%女性用(60ml)
ロゲイン泡フォーム(60g)

価格は輸入業者や為替レートによって変動しますが、
30$前後の価格で販売されていることが多いようです。

ミノキシジル5%配合と濃度が高いことが特徴で、
リアップ×5が発売されるまでは、
国内で手に入るミノキシジル発毛剤としては最も高濃度の製品でした。

ロニテンの効果と副作用

ファイザー製薬のOTC医薬品(ジェネリック医薬品)で、
カナダ、タイなど国外市場向けの製品が
日本国内にも輸入されており、購入することができます。

ロニテン5mg(100錠)
ロニテン10mg(100錠)

価格は100$前後。

ロニテンの一番の特徴は、外用薬ではなく
経口で服用する内用薬だという点です。

ミノキシジル自体が、血管拡張など内科的に作用する成分のため、
内服薬として投与した方が効果が高いとされており、
発毛効果としても強く現れるようですが、
同時に副作用のリスクも高まるため、
AGAクリニックなどで処方された場合以外では、安易に使用しない方がいいでしょう。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ