フケが大量に発生する「ひこう性脱毛症」の原因と対策

ひこう性脱毛症とは、頭皮のフケが原因で起こる抜け毛です。

「ひこう」というのは漢字で「粃糠」と書き、
字義の通りに「ぬか」などを指す言葉です。
頭皮に付着したフケの状態が、ぬかのように見えることから名付けられたようです。

フケが毛穴などを塞いでしまうことで炎症を起こし、
脱毛に繋がってしまう症状で、皮膚疾患の一種です。

一般的な「フケ症」とは違った明確な症状があるため、
フケと脱毛が多いからと言って、必ずしもひこう性脱毛症とは限りません。

ひこう性脱毛症の場合、皮膚科での治療が最善のケアになるので
症状や原因についてあらかじめ知っておきましょう。

ひこう性脱毛症の原因と特徴

フケが原因の皮膚疾患

頭皮からのフケは誰にでもできるものですが、
ひこう性脱毛症の場合は、頭皮が白く見えるほど多量のフケが発生し
カサブタのような状態になって毛穴を塞いでしまいます。

そのため、皮脂や老廃物の排出がうまくいかなくなり、
フケと皮脂を栄養に細菌(皮膚常在菌)やダニなどが繁殖して
炎症を起こしてしまう、というのがひこう性脱毛症のメカニズムです。

フケが多量に発生する理由

フケというのは、古くなった皮膚の角質が剥がれ落ちたもの。
毎日少しずつフケが出るのは、細胞の新陳代謝にとって必要なことです。

ひこう性脱毛症の場合、フケの量が急激に増えてしまうのですが、
その原因については、はっきりとしたことは分かっていません。

皮膚のアレルギーや皮膚常在菌の異常発生、
ホルモンバランスの変化などが関係しているのではないかと言われています。

間違ったシャンプーの仕方が原因になることも?

もともとフケ症の人の場合、間違った洗髪のやり方を続けたせいで
ひこう性脱毛症に繋がってしまう可能性があります。

フケの発生を抑えようとして、ゴシゴシと頭皮をこすったり
洗浄力の強いシャンプーで洗いすぎてしまうと、
逆に角質を壊してしまう危険の方が大きいのです。

洗髪で頭皮を清潔に保つためには、
強い力でこすったり、脱脂力の高いシャンプーを選んだりする必要はありません。

馬油や天然成分を配合した肌に優しいシャンプーで、
丁寧にマッサージ洗いすることを心がけましょう。

  • シャンプー前に、適温のお湯でお湯洗いする
  • 頭皮を温めて毛穴を広げ、溜まった汚れを浮かせやすくする

ことも、効率的なシャンプーのポイントになります。

ひこう性脱毛症の対策方法

ひこう性脱毛症の症状が出た場合は、
まず皮膚科で診察を受けるようにしましょう。

炎症を抑える外用薬、内服薬を処方してもらえるので、
症状を沈静化させ、脱毛の進行を食い止めることができます。

フケが発生する原因を完治させるには、
根気よく治療とケアを続けていく必要があります。

毎日のケアについても、医師からのアドバイスに従うことが
完治への一番の近道です。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ