10代や20代の若い男性に多い「若年性脱毛症」の原因と対策

若年性脱毛症の場合、10代や20代のうちから
急速な脱毛が始まってしまうケースがあります。

医学的には「若年性脱毛症」という特定の疾患があるわけではなく、
本来、脱毛がはじまる年齢ではない青少年に起こる症状を
まとめて若年性脱毛症と総称しているようです。

そのため、脱毛の原因もさまざまで
いくつかの要因が複合していることも少なくありません。

生活習慣や精神面でのケアなど、
基本的な対策で症状を抑制できる可能性が高いですが、
あまりに急激に抜け毛が増加する場合は、
内臓系の疾患など他の病気になっている危険もあるため、
専門医に相談してみるのがいいでしょう。

若年性脱毛症の原因

ストレス

一時的に抜け毛が増加する場合、
人間関係のストレスや心的不安など、精神的な不調が
脱毛の原因になっている場合が多いようです。

男性ホルモン

男性らしい体つきをつくる成長ホルモン・テストステロンが
ジヒドロテストステロンに変化することで、
脱毛を起こすというはたらきが知られています。

一般的には30代以降に増え始めるジヒドロテストステロンですが、
遺伝などの要因によって、
この変化が10代のうちから始まるケースがあるようで、
若年性脱毛症の原因の1つと考えられています。

その他の疾患

その他にも、肝機能障害や糖尿病などの内臓機能疾患、
免疫系や甲状腺ホルモンなどの疾患が原因で、
脱毛の症状が見られる場合があります。

こうした疾患の多くは、初期自覚症状がないものも多いので、
10代や20代で急激な脱毛が始まったときは、
一度、医療機関で診察を受けてみることをおすすめします。

若年性脱毛症の特徴

壮年性脱毛症が主に生え際から後退していくのに比べて、
特定の原因による若年性脱毛症では、
円形脱毛症のように、一部分が集中的に抜け落ちてしまうこともあります。

一方で「若いうちから始まる壮年性脱毛症」のケースでは
M字型、U字型のような生え際からの抜け毛になります。

若年性脱毛症の対策方法

さまざまな原因が考えられる若年性脱毛症では、
それぞれのケースに合わせて対策が必要になりますが、

  • 頭皮ケア
  • 栄養補給(特にタンパク質、ビタミンB&E、亜鉛)
  • 十分な睡眠

は常に気をつけておきたいポイントです。

ストレスや強い不安が原因になっている場合は、
心療内科での治療によって改善されることも多いようです。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ