皮脂が過剰に分泌している「脂漏性脱毛症」の原因と対策

皮脂の分泌が過剰に増えてしまうことで起こる、
「脂漏性脱毛症」と呼ばれる脱毛の症状があります。

一般的な壮年性脱毛症などでも、
頭皮に溜まった皮脂が、脱毛と発毛阻害の原因の1つになっていますが
脂漏性脱毛症の場合は肉眼で確認できるほどに皮脂が大量発生するもので
違った症状として区別して扱われています。

脂漏性脱毛症と診断されるケースはかなり少なく、
オイリー肌(脂性肌)の男性でも、この症状に該当する人は
ほとんどいないとされています。

脂漏性脱毛症の治療には、皮膚科での診断と処方が必要です。
毛穴の化膿や痛みなどの症状を伴う場合は、
すぐに通院して専門医の判断をあおぐようにしましょう。

脂漏性脱毛症の原因

過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞いでしまうことで、
皮脂常在菌などの細菌、ダニ類の繁殖を招いてしまい、
炎症や化膿を起こしてしまうことが、
脂漏性脱毛症によって起こる抜け毛の原因です。

脂漏性脱毛症はそれほど症例が多いものではないため、
皮脂の異常分泌が起こる理由については、
まだはっきりとは判明していない部分も多いようです。

男性ホルモンの異常

男性ホルモンには皮脂の分泌を活発にするはたらきがあるため、
女性に比べて男性は、脂性肌の人が多いと言われています。

皮脂の分泌に、男性ホルモンの増減が関わっていることは確かですが、
一般的なホルモンバランス変化だけでは、
脂漏性脱毛症の原因にまでは至らないことがほとんどで、
ホルモン異常や遺伝的な突然変異などが関係するケースが多いようです。

脂漏性脱毛症の特徴

壮年期より思春期に多い?

壮年性脱毛症と異なり、
皮脂の分泌が特に活発になる思春期や成長期の男性に
起こりやすい症状とされています。

脂漏性脱毛症の対策方法

まずは専門医に相談を

脂漏性脱毛症が悪化すると、
重度のニキビのように化膿や痛みを伴うこともあり、
初期のうちに治療を始めておくことが大切です。

炎症や化膿を抑えるために、消炎症剤や抗生物質の服用が必要なので、
皮膚科の診断と処方を受けておくことを推奨します。

皮脂の分泌を抑制する生活習慣

適度な運動

定期的なウォーキングや筋トレの習慣をつけて、
代謝機能を高めるようにしましょう。

食生活の管理

油っこい食べ物は控える、ビタミンB群を含む野菜を多く食べるなど、
栄養バランスの管理も必要です。

コーヒーやアルコールなど、刺激の強い食品も避けておきましょう。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ