カプサイシン -育毛ケアのために必要な栄養素

唐辛子の辛み成分として知られるカプサイシンは、
育毛にとって効果のある栄養素と言われています。

近年の研究によって、カプサイシンの知覚神経を刺激するはたらきが
発毛因子を刺激する効果に繋がることが分かり、
育毛サプリメントなどに配合されることも多くなりました。

まだ比較的、新しい研究のため、
効果には未知数の部分も含まれているのですが、
食品に含まれる天然成分のため、リスクがほとんどないことも特徴。

他の育毛ケアと併用しながら、役立てていきたい栄養素です。

カプサイシンのはたらき

カプサイシンは育毛の他にも、
美容と健康に効果のある栄養素として幅広く使われています。

代謝機能(ターンオーバー)を活発にする

カプサイシンの成分が血中に吸収されることで、
アドレナリンを増加させるはたらきがあります。

それによって、血行が良くなり、体温が上昇するため
新陳代謝が活発になるという効果が確認されています。

頭皮や毛根など、末端の毛細血管にも栄養が行き渡りやすくなるため、
弱った頭皮と髪の毛の正常化にも有効です。

脂肪燃焼効果

代謝機能の上昇と関連して、代謝量(エネルギー消費量)が上がり、
体内の脂肪を燃焼させやすくなるため、
ダイエットにも効果があります。

また、体内に蓄積した不飽和脂肪酸の除去にも
有効なことが確認されています。

体内から余分な脂肪が減少するため、
皮脂の分泌を正常化させ、脂性肌(オイリー肌)の解消にも繋がるでしょう。

免疫力の向上

生活習慣の乱れやストレス、加齢などさまざまな原因で
人間の免疫機能は次第に低下してしまいますが、
カプサイシンのはたらきでこの免疫力を向上させることができます。

カプサイシンには殺菌・除菌作用もあり、
細菌などの繁殖を抑制することにも繋がります。

知覚神経の刺激

近年、カプサイシンが育毛栄養素として注目されるきっかけになったもので、
カプサイシンが知覚神経に適度な刺激を与えることにより、
「インスリン様成長因子-1(IGF-1)」を増加させ、
それによって毛根と頭髪の成長を促すというはたらきです。

カプサイシンの過剰摂取は副作用がある?

カプサイシンは唐辛子のほかにも、
さまざまな食品に含まれている栄養素です。

そのため、通常の摂取量であれば
人体に副作用などを引き起こすリスクはほとんどありませんが、
大量に摂りすぎると、胃壁や粘膜を刺激しすぎてダメージになることもあるので
用量を守って使用することが大切です。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ