不飽和脂肪酸 -育毛ケアのために必要な栄養素

オリーブ油などに含まれる不飽和脂肪酸は、
中性脂肪やコレステロールを減らしてくれるなど、
健康維持に効果的な成分として注目を集めています。

動脈硬化を防ぎ、血液の流れをスムーズにするので
ターンオーバー(代謝機能)を向上させ頭皮環境を整える他にも、
シャンプー、整髪剤としても古くから利用されてきました。

健康で強い髪を育てるために、
不飽和脂肪酸のはたらきや役割を知っておきましょう。

不飽和脂肪酸のはたらき

不飽和脂肪酸とは、普通の脂肪酸と異なった結合をもつ脂肪分のことで、

  • オレイン酸
  • リノール酸
  • リノレン酸

などの総称になっています。

普通の脂肪に比べると融点が低く溶けやすい性質があり、
生物の体内に含まれる脂肪として優秀なものとされています。

中性脂肪、悪玉コレステロールの排出

不飽和脂肪酸は、

  • 中性脂肪
  • 悪玉コレステロール

など、脂溶性の物質を運搬し、排出を助けてくれる役割があります。

中性脂肪などは、体内に蓄積して健康を阻害しやすい物質で、
動脈硬化など血管のトラブルに大きく関係することが知られています。

不飽和脂肪酸がそれらをスムーズに排出してくれることで、
血流や代謝が活発になり、若々しい細胞を作ることに繋がるのです。

皮下脂肪の代謝促進

上記のことと関係して、皮下脂肪を燃やして減少させるはたらきもあり、
メタボリック対策、デトックス効果の面でも大いに注目されています。

不飽和脂肪酸が不足すると

人間の体内で必要な量の不飽和脂肪酸が不足すると、
皮膚疾患をはじめ、集中力の低下や発育不良など

さまざまな悪影響に繋がることが分かっています。

不飽和脂肪酸と髪の毛の関係について

不飽和脂肪酸は、皮膚のトラブルを解消する外用薬として
昔から広く使われてきました。

皮膚の良薬、馬油

不飽和脂肪酸を多く含む馬油は、
化学的知識がなかった古来からずっと、
肌荒れや火傷、切り傷などさまざまな症状に効く万能薬として、
世界中で利用されてきました。

不飽和脂肪酸は、もともと体の中に含まれる成分なので
皮膚からの吸収率が高いという特徴があります。

そのため、すばやく皮膚の内部に浸透して、

  • 炎症を抑える
  • 細菌などを殺菌する
  • 皮膚のバリア機能を高める

というはたらきをしてくれる、天然の良薬なのです。

シャンプーにも配合される馬油

不飽和脂肪酸を含む馬油は、シャンプーの成分としても優れています。

余分な皮脂を落としながら、
皮膚に必要な油分をしっかり保持してくれる効果があるため、
脂性肌・オイリー肌で頭皮がベタつく人にとっては
特におすすめの育毛シャンプーになっています。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ