髪の毛の成長のために良質なタンパク質を摂ろう

生え際が薄くなってきたり、抜け毛が多くなったと感じたら
育毛ケアのために「良質なタンパク質の摂取」を心がけましょう。

人間の体のほとんどの部分は、タンパク質と水から作られています。
髪の毛ももちろん例外ではないので、
新しい髪の毛を発毛させるために、材料としてタンパク質が必要不可欠です。

髪とタンパク質の関係、育毛に効果的なタンパク質の摂り方について
詳しく解説していきます。

タンパク質とアミノ酸の関係

タンパク質は、20種類ものアミノ酸が組み合わさって出来ています。

アミノ酸の組み合わせ次第で、さまざまな種類のタンパク質ができるため
タンパク質の種類や性質も無数に存在します。

代表的なところでは、

  • コラーゲン
  • グルコサミン
  • カルニチン

などが、体の組織を構成しているタンパク質です。

タンパク質はそのまま吸収されるわけではない

私たちがタンパク質を含む食品を摂取した場合、
一度、体の中でアミノ酸の単位に分解され、
その後で、それぞれ必要なタンパク質へと作り替えて利用することになります。

そのため、
例えば皮膚の重要な構成要素であるコラーゲンタンパクを摂取しても、
それがそのまま皮膚の栄養として使われるとは限りません。

アミノ酸の方が吸収効率が高い?

タンパク質を含む食品を食べた場合と、
アミノ酸として含んでいるを摂取した場合では、どちらの方が効果的でしょうか?

タンパク質は一度、体内で分解して利用しなくてはいけないため、
アミノ酸の形で摂った方が、利用されるスピードは速いようです。

ですが、タンパク質も時間がかかるというだけで
最終的にはきちんと無駄なく利用されるので、心配はいりません。

良質なタンパク質を摂ろう

9種類の必須アミノ酸

アミノ酸の中には、体内で合成することが不可能なため
食品から摂取しなくてはいけないものがあります。

これらは「必須アミノ酸(不可欠アミノ酸)」と呼ばれるもので、

  • トリプトファン
  • リジン
  • 含硫アミノ酸(メチオニン、シスニン)
  • 芳香族アミノ酸(フェニルアラニン、チロシン)
  • トレオニン
  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • ヒスチジン

の9種類が確認されています。

必須アミノ酸は、1つでも欠乏すると細胞組織の合成に異常を来してしまい、
また、これら9種類が同時に使用されるため、
全てをバランス良く食品から摂らなくてはいけません。

アミノ酸スコア

その食品が9種類の必須アミノ酸をバランス良く含んでいるかどうか、
ということを表す数値があり、アミノ酸スコアと呼ばれます。

アミノ酸スコアの最大値が100の食品であれば、
必須アミノ酸が全て必要なバランスで含まれていると言えます。

アミノ酸スコアは動物性タンパク質の方が高い傾向にあります。

卵、魚、牛肉や鶏肉などはどれもアミノ酸スコアが100ですが、
白米では65、小麦が44とされています。

では動物性タンパクだけ摂取していればいいかというと
もちろんそんなことはありません。

動物タンパクは脂肪分やカロリーが高いという特徴があるため、
植物タンパク、動物タンパクをバランス良く摂ることが
髪や体の健康にとってはベストの選択です。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ