男性ホルモンの影響で発毛が抑制されてしまう

男性ホルモンの影響で、発毛が抑制されてしまうことがあります。

男性の薄毛の90%以上を占める「壮年性脱毛症」の原因の多くが
男性ホルモンと遺伝によるもの、とする研究結果もあり、

抜け毛・脱毛にとって非常に重要な関係があると言えます。

男性ホルモンが原因の薄毛かどうかを判断する方法や、
その対処法、ケアについて説明します。

男性ホルモンと発毛の関係

なぜ男性ホルモンが薄毛の原因になるのでしょうか?

男性ホルモンには、

  • テストステロン
  • ジヒドロテストステロン
  • デヒドロエピアンドロステロン
  • アンドロステロン
  • アンドロステンジオン

など多くの種類があり、それぞれに違ったはたらきがあります。

このうち、テストステロンは男性らしい体つきを作るホルモンで
筋肉増大、タンパク質同化作用など重要な役割があります。

壮年期を境にテストステロンは減少していく

男性らしい体の成長や、性欲の増進を担うテストステロンは、
40代〜の壮年期に差し掛かると、次第にその役目を終えて
少しずつ減少しはじめるようになります。

その際に、ジヒドロテストステロンというホルモンに変化するのですが、
このジヒドロテストステロンに、
脱毛や性欲減退といったはたらきがあるのです。

ジヒドロテストステロンが多い男性は
抜け毛や生え際の後退スピードも速くなる傾向があるようです。

M字型、U字型の薄毛は男性ホルモンが原因?

ジヒドロテストステロンによる薄毛は、
主に額や生え際から徐々に後退する形で進行します。

このため、

  • M字型薄毛(そり込み部分から薄くなる)
  • U字型薄毛(額の部分から後退が始まる)

これらのタイプの薄毛は、
男性ホルモンが原因した薄毛の可能性が高いようです。

ジヒドロテストステロンを抑制するためには

亜鉛

微量ミネラルの亜鉛には、
テストステロンを増加させるはたらきがあるため、
結果としてジヒドロテストステロンを減少させるとされています。

フィナステリドなどの有効成分

医薬品として認可されているフィナステリドには、
テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させる酵素である
5αリダクターゼを抑制する効果があります。

そのため、育毛剤の成分としても使われていますが、
強い副作用などの報告もあり、使用には十分な注意が必要になります。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ