老化によって細胞が劣化すると髪が抜けやすくなる

抜け毛・脱毛が進んでしまう原因の1つに、
年齢的な体細胞の老化ということが挙げられます。

年とともに老化が進むのは、生物として当たり前のことで
仕方のない部分もありますが、
アンチエイジングケアによって、細胞を若々しく保つことで
老化を遅らせることも十分に期待できます。

アンチエイジングには、日頃からの生活習慣と心がけが肝心ですから
育毛ケアの一環として、まずは規則正しい生活から始めましょう。

老化と脱毛の関係

毛乳頭細胞の鈍化

発毛命令を司る毛乳頭細胞の活動は、
他のさまざまな器官と同じように、
年齢とともに鈍くなっていきます。

そのため、発毛するというシグナルが弱くなり、
新しい毛髪細胞の生産が、抜け毛に追いつかなくなってしまい、
薄毛が進行していくことになります。

代謝機能の低下

代謝機能が年齢と共に低下することで、
髪に必要な影響を届けることが難しくなります。

血液中の栄養は、脳や内臓などの重要器官で優先的に消費されるため、
年齢とともに、髪に回される栄養はさらに少なくなっていきます。

老化による脱毛を抑えるには

代謝機能と血行を良くする

細胞の老化を抑制し、活発な細胞分裂を維持するためには、
代謝機能と血行を高めることが効果的です。

代謝と血行は、健康の基本。
簡単に改善できる、という種類のものではありませんし、
劇的な特効薬も存在しません。

日頃からの節制と生活習慣に対する意識が肝心です。

  • 睡眠時間の確保
  • 栄養バランスの取れた食事
  • 適度な運動習慣

この3つは特に、年齢に関係なく続けたい健康習慣だと言えます。

頭皮のアンチエイジングケア

頭皮のマッサージで細胞に適度な刺激を与えて、
老化を抑制し、活性化させることができます。

マッサージは、朝晩の1日2回が理想的。
育毛剤でのケアと併用するのも有効です。

頭皮全体をリフトアップするように、
指の腹を使ってゆっくり揉みほぐしていきましょう。

脱毛を気にしすぎない

脱毛の進行には、精神面も非常に大きく関わってくるものです。

ストレスや不安を抱えている精神状態が続くと
脱毛や白髪が増えるなど、顕著な悪影響が見られます。

老化による薄毛は、男女を問わず誰にでも起こることですから、
ある程度は「仕方のないこと」と割り切って、過剰に気にしないのが一番です。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ