紫外線によるダメージが抜け毛の原因に

強い紫外線(UV)が肌にダメージを与えることはよく知られていますが、
同じように髪の毛自体にも悪影響があります。

ダメージを受けた髪の毛は弱く細くなり、
髪の本数が同じでも薄毛に見えてしまいます。

また、頭皮や毛根が紫外線に晒されることで
抜け毛を増加させてしまうリスクも高く、
育毛ケアを考えるのであれば、紫外線対策は必須の項目と言えます。

紫外線が薄毛を進行させる理由

活性酸素が増加する

頭皮や髪の毛の細胞が紫外線に晒されると、
細胞は自身を守ろうとして活性酸素を発生させます。

この活性酸素が、結果的に細胞や組織を破壊してしまうため
肌荒れや乾燥などをはじめ、
さまざまな悪い影響を及ぼすことに繋がってしまいます。

キューティクルが傷つくことで抜けやすくなる

髪の毛の構成要素であるタンパク質は、
紫外線によって破壊されてしまうことが分かっています。

コラーゲンなどのタンパク質が壊れてしまうと、
髪の毛のキューティクルが傷ついてしまい、
そうして細く傷んだ髪は、頭皮から抜け落ちやすくなります。

毛根のダメージがヘアサイクルを乱す

毛包と呼ばれる毛根部分の組織が紫外線によって傷つくと、
その内部に保護されている毛乳頭細胞もダメージを受けます。

毛乳頭細胞は、髪の毛に発毛命令を出す司令所のようなもので、
この毛乳頭細胞の活動に支障が出はじめると、
髪の毛の生まれ変わるサイクル(ヘアサイクル)が遅くなるなど
乱れが出てしまって薄毛が進行します。

紫外線から髪の毛を守るために

直接紫外線をカットする

紫外線から肌と髪の毛を守るには、
帽子や日傘などで直接UVを遮断することが効果的です。

夏場など日差しの強い日はもちろんのこと、
冬場などでも紫外線量が多い日があります。

長時間屋外に居なければならないような日は、
油断せずに帽子や日傘の用意をしておきましょう。

抗酸化作用で活性酸素を除去

紫外線によって発生した活性酸素を素早く除去しておくことも、
忘れてはいけない紫外線対策の1つです。

  • ポリフェノールなどの抗酸化作用食品をしっかり摂取する
  • ビタミンC、ビタミンEなどを配合した育毛製品で
  •   直接、髪の毛をケアする。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ