タバコを吸うと血流が悪くなり抜け毛が多くなる

タバコに含まれるタール・ニコチンが
健康にさまざまな害を及ぼすことはよく知られていますが、
育毛の面でも無視できない悪影響が確認されています。

育毛を第一に考えるなら、喫煙の習慣はできる限り避けておきたいところです。
禁煙が難しい場合でも、節煙に取り組んでみるなど、
少しずつでも摂取量を減らしていくことを考えてみましょう。

タバコで薄毛が進行してしまう理由

ニコチンが血管を収縮させる

喫煙によってニコチンが血中に取り込まれると、
末梢神経が収縮し、毛細血管の血流が悪くなります。

そのため、発毛命令を司っている毛乳頭細胞のはたらきが低下し、
発毛スピードが遅くなってしまう危険性があります。

また、ニコチンによって悪玉コレステロールや中性脂肪が増え、
動脈硬化などを引き起こすリスクもあります。

一酸化炭素が循環器の機能を低下させる

タバコの煙に含まれる一酸化炭素は、
血液中のヘモグロビンと強力に結びつく性質があります。

そのため、血中に一酸化炭素が取り込まれることで
酸素や栄養素の運搬能力が著しく低下してしまい、

やはり頭皮や髪の毛に栄養が不足する原因に繋がってしまいます。

喫煙と男性ホルモンの関係

上記のような直接的な影響の他にも、
長期の喫煙習慣が薄毛原因を作ってしまうというデータがあります。

M字型薄毛、U字型薄毛の大きな原因の1つに、
男性ホルモン・ジヒドロテストステロンの増加があります。

ジヒドロテストステロンは、壮年期以降に増加し始める
脱毛を促進させる男性ホルモンですが、
喫煙者は非喫煙者にくらべて、
このジヒドロテストステロンの量が多くなる傾向にあるそうです。

このデータからは、必ずしも
喫煙を止めればジヒドロテストステロンが減少するとまでは言えませんが、
喫煙と男性ホルモンの分泌に密接な関係があることは確かなようです。

禁煙はストレスと相談しながら

脱毛を抑制し、健康な頭皮環境を作るために
できれば喫煙習慣は無くしていくのが理想ですが、

  • 禁煙を始めたら、吸えないストレスで薄毛が悪化した

という症例もあり、なかなか簡単にいかないケースも多いようです。

禁煙が脱毛を進行させてしまっては本末転倒ですから、
少しずつ節煙していくなど、ストレスを溜めない工夫が必要かもしれません。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ