運動不足になると毛髪に悪い影響を与える可能性がある

適度な運動は、美容と健康の大事なキーワード。
慢性的な運動不足が続くと、髪や頭皮にも悪影響が出てきてしまいます。

運動と髪の成長には密接な関係があります。

  • 成長ホルモンの分泌を促進する
  • ターンオーバー(代謝機能)を高める
  • 心肺機能と循環器系の機能(血行)を高める

などさまざまな面で、毛乳頭の活動を活発にする土台作りになるのです。

普段、ほとんど体を動かす機会が無いという方は、
自分でも気づかないうちに薄毛原因を作ってしまっている可能性大です。

運動不足が薄毛を進行させてしまう理由

活動量の少ない人は、細胞の活動も低下する?

運動で体を動かし、汗をかいたり体温を上昇させることは、
それだけで体全体の代謝を活発にします。

新陳代謝が活発ということは、
細胞が盛んに細胞分裂を繰り返し、
日々新しい細胞に生まれ変わっているということ。

つまり、体全体が若々しい細胞で満たされているため、
老化など細胞の退行に対して、高い抵抗力があるのです。

逆に、代謝と細胞の活動が弱まっている人の場合、
毛乳頭細胞の活動もそれだけ低下しがちで、
脱毛が増え、薄毛が進むリスクが高まります。

こんな人は要注意

  • 仕事の関係上、一日中座ったままの姿勢が続く
  • 自動車通勤なので、自分の足であるく距離が少ない
  • 体を動かすのがおっくうだと感じる
  • 休日はほとんど自宅で過ごす
  • 学生時代にスポーツ経験がない
  • 30代以降、急速に体重が増え始めた

育毛ケアに効果的な運動

有酸素運動

有酸素運動とは、心肺機能を活発に機能させる運動です。

  • ジョギング
  • ウォーキング
  • サイクリング
  • 水泳

などが当てはまり、血行と代謝機能の向上に大きな効果があります。

全身が疲労するような激しい運動である必要はなく、
階段の上り下りや近所の散歩程度の有酸素運動でも、

日頃、運動習慣のない人にとっては、十分効果的な運動と言えます。

大変な運動は長続きしないもの。
まずは毎日10分程度のウォーキングから始めてみてはどうでしょう。

無酸素運動

心肺機能に負担をかけない無酸素運動でも、
有酸素運動に負けない運動効果が期待できます。

筋トレなど集中的に筋肉量を増やす運動は、
体脂肪を減らし基礎代謝(消費カロリー)を増加させることに直結するため、
手軽に始める運動として、おすすめのものの1つです。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ