プランテルEXを実際に使った効果はどうだったか?

今回はリニューアルしたプランテルEXを試してみました。

元々M字ハゲ専用の育毛剤でしたが、名前が「プランテルEX」と変わり、
いろいろな種類の薄毛に対応できるように、生まれ変わりました。

リニューアルに伴い成分が変更になっています。

  • 新成分リデンシルを業界最大濃度の5%新配合
  • 特許出願中の独自成分ペブプロミンα新配合
  • 有効成分3種+植物由来成分&アミノ酸大増量

使った感想としては、成分が新しくなったおかげで、
チャップアップと同じく、育毛効果が期待できると思います。

実際にリニューアルしたポイントと使った感想をまとめますので、
育毛剤選びの参考にしてください。

プランテルEXの公式サイトはこちら

プランテルEXの特徴は?

元々プランテルはM字ハゲ専用育毛剤として人気でした。

今回のリニューアルではすべての薄毛に対応するように、
生まれ変わりました。

冒頭でも触れましたが、リニューアルの大きなポイントは、以下のとおりです。

  • 新成分リデンシルを業界最大濃度の5%新配合
  • 特許出願中の独自成分ペブプロミンα新配合
  • 有効成分3種+植物由来成分&アミノ酸大増量

では一つ一つ、リニューアルした部分に注目しながら解説していきます。

新成分リデンシルとは?

リデンシルは新たに成分で育毛を促進する効果があります。

臨床試験も行われていてデータも公開されていて、
ミノキシジルの約2倍もの育毛効果を発揮したと報告されています。

リデンシルを最高濃度の5%配合したというのが、
プランテルEXのリニューアルの目玉です

また、リデンシルは「in-cosmetics」という世界的な化粧品原料展示会の2014年大会で、
化粧品原料の中で銀賞を受賞しています。

なぜリデンシルが薄毛に効くのかという点を、さらに詳しく解説します。

リデンシルにはバルジ領域の毛包幹細胞を刺激して、
育毛を促進する効果があります。

バルジ領域には髪の毛を生やし、
成長させるため毛包幹細胞が集中していて、
ここから育毛指令が出ないことには髪が生えないという重要器官になります。

バルジ領域に直接アプローチするのがリデンシルです。

以前の育毛剤は、男性型脱毛症つまりAGA対策をメインとしていて、
バルジ領域をサポートするものはありませんでした。

毛包幹細胞は性別を問わず、すべての人の育毛に関わる部分なので、
女性の人や老年性脱毛症にも効果が期待できます。

ペブプロミンαとは?

そして、プランテルEXのもう一つの大きなリニューアル点が、
独自開発したというペブプロミンαを配合していることです。

ペブプロミンαは、

  • ヒオウギ
  • ボタン
  • ビワ葉

という3つの自然成分を独自に組成した成分です。

育毛剤の成分をしっかり見ている人は分かると思いますが、
この3つの植物エキスは多くの育毛剤に配合されている成分です。

単体でも効果が期待できますが、
独自に組み合わせることで、効果をさらに高めようとしています。

公式サイトによるとペブプロミンαはミノキシ系成分に比べて、
3倍近く5αリダクターゼを阻害することが分かりました。

しかも、この効果は株式会社日本食品機能分析研究所の研究結果によるもので、
しっかりとした裏付けがあるので、効果は安心できます。

5αリダクターゼといえば、AGAの最大の原因とされている物質です。

この5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結びつくことによって、
ジヒドロテストステロンという物質に変わってしまい、発毛を抑制してしまいます。

そのため、ジヒドロテストステロンや5αリダクターゼの活動をいかに阻止するか、
というのが育毛剤の選びのポイントになります。

このペブプロミンαは薄毛対策の効果が期待できると思います。
特許出願中というのも納得です。

有効成分3種に加え、各種成分を新配合

リデンシルやペブプロミンαに加えて、各種新成分も配合されました。

特に、

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • ジフェンヒドラミン塩酸塩

の3つは育毛有効成分として認可されている成分です。

それぞれ、発毛促進効果や毛乳頭活性化効果のほか、
血行促進、抗炎症作用、頭皮のかゆみを抑えるといった、
頭皮環境正常化の役割を持っています。

すべては書ききれないのですが、
頭皮環境正常化や頭皮に栄養を与えてくれる成分をたくさん配合しています。

植物由来成分を23種配合

フケやかゆみを抑えるシナノキエキスやヒキオコシエキス、
育毛サイクルを促進し、栄養を与えるニンニクエキスや松エキス、
潤いやコラーゲンを補充するアシタバエキスや海藻エキスなど。

アミノ酸成分を16種配合

頭皮の潤いを保つL-ロイシンやL-バリン、トレオニン、
分裂のためのエネルギーを生産するアスパラギン酸、
増殖を促進するプロリンなど。

プランテルEXはリニューアルしてどう変わった?

というわけでひとまずリニューアルしたまとめを簡単にすると、

  • リデンシル配合で育毛効果が大幅にアップ
  • 独自成分のペブプロミンα配合で脱毛の原因を抑制
  • 植物由来成分やアミノ酸配合で頭皮環境を正常化

という感じです。

今までのM字ハゲ専用といっていたプランテルとは大きく違って、
ハゲの種類や性別を問わない育毛剤に生まれ変わっています。

さっそくプランテルEXを使ってみた

成分上はかなり期待のできる育毛剤に生まれ変わったプランテルEX。
さっそく試してみることにしました。

プランテルEXがリニューアルで変わった点は成分だけじゃありませんでした。
価格とサイズも変わっているので、比較してみましょう。

プランテルEX 旧プランテル
価格 1本 13,800円
(定期コース割引で9,700円)
1本 8,200円
(定期コース割引で6,980円)
内容量 50ml(約30日分) 150ml(約50日分)


実は、リーニューアルして値段が高くなり、容量が減っています。
成分が良くなって高くなった分、効果があるといいんですが・・・

ただ、プランテルEXにはリニューアル前と同様に、
1本使い切っても全額保証、という30日間の返金制度があります。

試してみる分にはなんの問題はありませんので、
一番人気の自動お届けコースにしました。

自動お届けコースになっていますが、
休止や中止がいつでもOKなので安心です。

使い方についてはほぼリニューアル前と同じになっています。

具体的な手順は、

  • シャワーや洗髪をした後、ドライヤーなどで頭をしっかり乾かす
  • 気になる部分を中心に6プッシュを目安に塗布する
  • 指の腹で揉み込むようにマッサージする

これを朝と夜の2回、行うこととあります。

試しに手にとってみましたが、
サラサラの水のような感じなので、1プッシュでも割とよく伸びます。

6プッシュも1ヶ所に集中すると首元まで垂れてくるぐらいなので、
けっこう広くカバーできそうです。

内容量が少ないのに1回6プッシュも使ってもったいないと思いますが、
使用方法に従って使うことにします。

香りは無臭。頭皮につけた感じも特に刺激はありません。

昔は頭皮につけると少し温感があったり、
逆にメントール感があったりするものも多かったんですが、
最近は無刺激なものが主流ですね。

1本分使ってみた感想

内容量を気にしながら恐る恐る使ってみたのですが、
1本を完全に使い切るまでに29日かかりました。

プッシュスプレー系は使用目安を守っている限り、
日数にブレがないようで安心しました。

肝心の育毛効果についてですが、
ハゲの周囲のまばらだった産毛が、しっかりしてきた感じがします。

頭頂部がO型にハゲているんですが、
鏡越しに良く見ると、なんとなく産毛が増えているようです。

前回プランテルを使用したときはあまり効果を感じませんでした。

以前はM字ハゲ専用と謳われていたので当然かなと思いましたが、
今回リニューアルして、M字ハゲ以外にも効果が出るようになったんだと実感しました。

ただし、心配な部分がひとつだけありました。

確かにハゲ周辺の髪の毛が強くなったような気はしましたが、
実は他の育毛剤に比べて抜け毛が減ったような気がしなかったんです。

もちろん、抜け毛が減らなくても髪が増える・濃くなるなら、
それはハゲ改善と言えるんでしょうけど、
抜け毛が増えてきて、それを止めたいと思っている人には合わないかもしれません。

どちらかといえば、
髪を生やす、増やすことを優先した育毛剤という感じがしました。

効果があったのは確かですが、抜け毛が止まらないということは、
ちょっとでも使い忘れると、またすぐにハゲに戻ってしまうという可能性もあります。

もちろん、まだ1ヶ月しか使用していないので、
抜け毛についてはこれから改善するのかもしれませんし、
体質にもよると思います。

このように、育毛剤は実際に試してみないと、合うのか?合わないのか?か分かりません。

プランテルEXには30日間の全額返金保証がついているので、安心して試せます。

リニューアルして成分が良くなっているので、
これまで育毛剤を使って効果を実感できなかった人や、
今までプランテルがM字専用だからと言って使用していなかった人も、
1度試してみてはいかかでしょうか。

プランテルEXの公式サイトはこちら
若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ