リゾゲインを実際に使った効果はどうだったか?

今回はリゾゲインという育毛剤を使ってみました。

この育毛剤は、これまで試した育毛剤の中にはなかった、
2本1組で使うタイプの育毛剤です。

頭皮ケアと育毛ケア、2本を使う”W育毛”を謳っていますが、
その効果はどれほどのものか。

試してみました。

リゾゲインの公式サイト

リゾゲインの特徴は?

リゾゲインは最近では珍しい複数のボトルに分かれているタイプの育毛剤です。

昔はそういった商品もいくつかあったように思うのですが、
いつの間にかなくなっていき、最近ではなかなか見ませんね。

そういう意味ではリゾゲインならではの特徴といえるでしょう。

2本の育毛剤の構成は、

  • リゾゲイン スカルプブースター
  • リゾゲイン ヘアエッセンス

のふたつ。

わざわざ2本に分かれている理由として、公式によれば
「本当に実感できる育毛ケアを追及した結果」
としています。

なんでも、老化してしまった頭皮にいくら育毛剤を使っても意味はなく、
育毛のためには、まず髪が育ちやすい頭皮環境を整えるのが大事。

そのため、頭皮環境を整えるスカルプブースターと、
育毛成分を含むヘアエッセンスに分けたとのことです。

それぞれの含有成分について見ていきましょう。

まず、スカルプブースターからですが、

  • アセチルテトラペプチド-3(キャピキシル)
  • ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(ミノキシジル誘導体)
  • グリチルリチン酸2K

が注目どころでしょう。

特にミノキシジルを超える育毛成分とされているキャピキシル、
それにミノキシジル誘導体を配合しているのはなかなか。

それにグリチルリチン酸2Kも定番の成分と言えます。

ただし、1点だけ気になるところがあります。

それはこのスカルプブースターの商品分類が、
「化粧品」になっている点ですね。

これまでに管理人が使った育毛剤はそのほとんどが「医薬部外品」。
愛用しているブブカもそうです。

知っているとは思いますが、こうした育毛剤の商品分類には、

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

という分類があり、基本的には前者のほうが「育毛効果がある」とされています。

その点、このリゾゲインスカルプブースターは、
その認定を受けられなかったということですね。

公式の言葉を借りれば、スカルプブースターは、
あくまで「頭皮環境を整えるため」なので、化粧品でいいということなんですかね。

気を取りなおして、もう1本のヘアエッセンスを見てみます。

こちらの主な含有成分は、

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • センブリエキス
  • 酢酸DL-α-トコフェロール

ですね。

なぜかこちらはスカルプブースターとは異なり「医薬部外品」扱いです。

配合されている成分にはこれといって特別なものはありませんが、
定番と言えば定番の成分なので、育毛効果には期待できるかもしれません。

これら2本の成分を見比べてみて、気になったのですが、
グリチルリチン酸2Kとグリチルリチン酸ジカリウムってなにか違うんですかね?

インターネットで調べてみても表記が違うだけで同じもの、という扱いなんですが、
同じシリーズ商品で違う名前を使っている理由はなんでしょうね。

しかし、あまり細かいことを気にするのも、
上げ足をとっているようで気分が良くありません。
ひとまずは放っておきましょう。

それよりも大事なのは、この2本構成の育毛剤で、
ブブカ並みの育毛効果が期待できるかどうか。

特に見逃せない点として、公式サイトでは、
「多くの人が3週間を過ぎたあたりから(効果を)実感しているよう」
という一文が載っています。

これが本当だとしたら、なかなか効果が出るのも早いかもしれません。
楽しみですね。


リゾゲインを買ってみた

リゾゲインは、公式で買うのがもっとも安いため、公式サイトから購入。

定期コースで購入する場合は、最低3ヵ月分の継続が必須ですが、
1セット5,880円で買えるとのこと。

しかし、今回はお試しですし、ちょうど良くそのためのコースもありました。

単品購入の場合は、1ヵ月分で7,840円になるそうです。

育毛剤オンリーならば少し割高かもしれませんが、
育毛剤に加えて、頭皮環境を整えるローションがついてくると見れば、
さほど割高感も感じないかもしれません。

というわけで、管理人はこちらを購入。
いずれのコースで買っても60日間の全額返金保証があるというので、
ひとまずは安心ですね。

注文すると、2日後に到着。

かなりきれいな包装と、スタイリッシュなパッケージですね。

ダンボールにも中身が分かるようなことは書かれていませんし、
パッケージも一見育毛剤とは分かりません。

公式にも少し書いてありましたが、こう言う気配りは嫌いじゃないですね。

箱から中身を出してみるとこんな感じでした。

ボトルは2本ともスプレータイプです。

二つのボトルのサイズが違うので、最初は「おや?」と思いましたが、
何のことはなく、1回の使用量が違うだけのようです。

ここからは使い方の説明も含めて実際に使ってみます。

リゾゲインを使ってみた

同梱されていた説明書によれば、使い方は以下の通り。

  • 洗髪後にしっかり髪と頭皮を乾かす
  • 頭皮全体にスカルプブースターを5回ほどプッシュ
  • 一旦ここでマッサージしながら頭皮に液体を馴染ませる
  • 次にヘアエッセンスを気になる部分に10回プッシュ
  • これも気になる部分を中心にマッサージして馴染ませる
  • 以上を毎日、朝と晩、1日2回繰り返す

使う順番は黄緑のボトル→オレンジのボトルなので、注意してください。

写真ではスカルプブースターのボトルがなぜか黄色く見えますが、
実際には黄色っぽい緑です。

さて、使ってみる前に一旦手にとってニオイなどをチェックしてみます。

スプレーは1回のプッシュでけっこうな量がでますね。

色は無色透明で、サラサラのテクスチャです。

スプレーした瞬間に分かるぐらいの強いニオイがあって、
柑橘系ではないんですが、トニックっぽいスーッとしたニオイがします。

別段嫌な鼻につく感じはしませんが、人によるかもしれませんね。

また、手に取った瞬間には分からなかったんですが、
頭皮につけると、スーッとしたメントール感がありますね。

しかも割と強めのメントール感で、多少熱を感じます。

コンセプト的にも完全に男性向けとして作られているんでしょう。
あまり女性の人にはおすすめできそうにありません。

とはいえ、女性がこの育毛剤を選ぶこともないでしょうし、
特に問題はないでしょう。

それより、気をつけたい点としては、他の育毛剤と違って2本使うということもあり、
両方使った後はかなり髪の毛がベッタベタになります。

「ガチガチのヘアジェルでも使ったのか?」というぐらい。

なので少なくとも朝に使う際には、ニオイの関係もありますし、
出勤までに少し時間の余裕をもったほうがいいですね。


1本分使ってみた感想

さてスプレータイプだったというものの、
管理人的にはたくさんケアできた感じがして、ストレスなく使えました。

ただ、これは分割で複数本使う育毛剤の運命なのでしょうか。

ヘアエッセンスは32日でなくなったのに、
スカルプブースターのほうが余ってしまいました。

しかもボトルを振ってみると、けっこう余っています。

ほとんどセットでしか売っていないので、
こういう風に余ってしまうとあとの処理が面倒なんですよね。
まあお試しなので良いんですが。

それはともかく、肝心の効果はどうだったのか。

本当に3週間で効果を実感できたのかというと……、

はっきり言って、育毛効果は実感できませんでした。
抜け毛は依然として変わらず、髪質の変化もありません。

強いて言えば、頭皮が柔らかくなったような気はします。

保湿成分が効いているのか、
マッサージをするとグニグニと頭皮がよく動くようになりました。

ですが、残念ながら髪が生えないのではセットで売っている意味はありませんね。

ただ着眼点としては面白いと思いますし、
頭皮環境が良くか悪くかは分かりませんが変わったのも事実。

なので、他の育毛剤で全く効果がないという場合は、
リゾゲインを試してみるのも悪くないかもしれません。

60日の返金保証もありますし、相性もあるでしょうから、
「これ!」という育毛剤がなければ一度使ってみても良いでしょう。

リゾゲインの公式サイト
若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ