頭皮の環境を良くするためのマッサージのやり方

薄毛ケアに、毎日1、2回の頭皮マッサージを取り入れてみましょう。

頭皮と毛穴を適度に刺激し、血流や副交感神経の活動を活性化させることで
薄くなってきた頭皮の環境を改善させることができます。

シャンプー中や育毛剤使用時にマッサージするなど、
毎日のケアの中に習慣的に組み込んでおくと、長続きしやすいですよ。

1週間や2週間ですぐ効果が見られる、というような即効性のケアではないですが
その分、長く続けることで、5年後や10年後に確実に違いが出てきます。

頭皮マッサージはいわば、髪の筋トレ・ストレッチのようなもの。
毎日の頭皮マッサージ習慣で、抜け毛に強い丈夫な頭皮作りを意識しましょう。

頭皮マッサージの効果・効能

頭皮マッサージの効果

  • 皮下の毛細血管を拡張させ、血行を良くする
  • 副交感神経を刺激し、ターンオーバー(新陳代謝)を高める
  • 固くなった頭皮に柔軟さを取り戻し、
  •   強い毛根を作って抜け毛しにくい髪にする

すぐに目に見えて効果が現れるものではないので、
人によっては「頭皮マッサージの効果が感じられない」と
諦めて長続きしない原因にもなりますが、
頭皮マッサージは続けることで効果が現れるものです。

最低でも数ヶ月〜半年単位で続けていく必要があります。

頭皮マッサージはこんな人におすすめ

  • ストレスや精神的な不安からくるAGA(男性型脱毛症)
  • 運動不足、食生活の乱れなど生活環境が原因のAGA
  • 抜けはじめ、薄くなりはじめの初期症状へのケア
  • 「髪が細くなった」と感じる場合
  • 頭頂部(つむじの周り)から薄くなっている場合

頭頂部やつむじのあたりから始まる薄毛は、
皮脂の過剰分泌や代謝の低下など、頭皮環境の乱れが原因のことが多いものです。

そのため、頭皮マッサージやシャンプーなどの
基礎的なケアを続けることで、大きく症状が改善されるケースも。

薄毛以外にもさまざまなトラブルに効果的

  • 眼精疲労
  • 頭痛や肩こり
  • 自律神経失調

など、頭皮マッサージで改善が期待できる症状も数多くあります。

頭皮は、人体の中枢である脳にもっとも近い部位の1つ。
頭皮への適度な刺激が、脳やその他の重要器官へ良い影響を与えてくれるのです。

効果的な頭皮マッサージのやり方

基本的なマッサージ

1.耳のまわり

両耳の後ろに指を4本ずつ当てて、指の腹でマッサージします。

  • 皮膚をできるだけ大きく動かすように、円を描く(10秒間)
  • 皮膚を頭頂部に向けて持ち上げるように、下から上へリフトアップ(10秒間)
2.つむじのまわり

頭頂部のつむじ部分を囲むように、10本の指を当ててマッサージします。

  • つむじの左右に指を当てて、頭皮全体を持ち上げるように(10秒間)
  • つむじの前後に指を当てて、頭皮全体を持ち上げるように(10秒間)

シャワー後がより効果的

お風呂上がりやシャワーの後で、
頭皮が十分暖まっているときにマッサージすると効果倍増。

血行促進、副交感神経を刺激して代謝機能を向上させます。

注意点

頭皮マッサージの時に気をつけたい点としては、
力を入れすぎてゴシゴシと頭皮をこすってしまわないこと。
頭皮や髪との摩擦は、抜け毛の大きな原因になってしまいます。

「頭皮をこする」のではなく、
「頭皮自体を大きく動かす」イメージでやるのがコツです。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ