抜け毛を予防するための正しいシャンプー・ドライヤーの使い方

抜け毛・脱毛が増えてきた、と感じたら
シャンプーやドライヤーの使い方を見直してみましょう。

間違ったヘアケアのやり方で、
抜け毛を増やす原因を作ってしまっている人も多いものです。

髪のためと思ってやっているケアが
薄毛を進行させてしまっては本末転倒です。

髪と頭皮に優しい、正しいお手入れ方法を覚えておきたいですね。

シャンプーをする目的

シャンプーによる洗髪は、ただ髪の毛だけを洗うものではありません。
頭皮や毛穴の奧の汚れを落とし、頭皮環境を正常化させることも
シャンプーの大切な目的です。

また、その他にも

  • 頭皮のマッサージ
  • お湯の温度、シャワーの刺激による血行促進

といった、薄毛ケアのために重要なはたらきがあるので、
「髪を洗う」というよりはむしろ、
「頭皮を洗う」というイメージでシャンプーをするのがいいかもしれません。

正しいシャンプーの方法

効果的な洗髪をすることで、

  • 毛根を強くし、抜け毛を予防する
  • 毛乳頭を活性化させ、発毛サイクルを早める

という効果が期待できます。

1.お湯洗い

まず、ぬるめのシャワーを使って
頭皮と髪の毛全体を、すすぐように洗い流します。

水溶性の汚れやホコリなどは、
お湯洗いだけでほとんど落とすことができ、
先にしっかりお湯洗いをしておくことで、
シャンプー時の「洗いすぎ」や不要なダメージを予防することにも繋がります。

2.シャンプー

シャンプーを手のひらでしっかり泡立ててから、
頭皮全体に馴染ませて、ゆっくり洗髪します。

ポイントとしては、

  • 爪を立てずに、指の腹で洗う
  • 頭皮をこすらずに、指を押しつけてマッサージするように
  •  (毛穴から汚れを揉み出すようなイメージ)

  • 整髪料などを使用している場合は、2度洗いが効果的

このあたりに気をつけてみてください。

3.すすぎ

シャワーの流水でよくすすぎます。
毛穴や髪の根元にシャンプーの成分が残っていることも多いので、
すすぎはゆっくりと丁寧に。

4.タオル

乾いた清潔なタオルを使って、髪と頭皮の水分を拭き取ります。

布地でゴシゴシと強くこするのはNG。
タオルとの摩擦で髪が抜けたり、頭皮にダメージを与えてしまいます。
タオルでやさしく押さえるように。

5.育毛剤

育毛剤を使用するなら、基本的にシャンプー後で頭皮が暖まっている時がベスト。
(製品ごとの使用法に従ってください。)

血流がよく、毛穴も開いている状態なので
毛根や皮膚の内部にまで、有効成分がしっかり浸透しやすいのです。

6.ドライヤー

ドライヤーを使用する際は、高熱に要注意。
必要以上の加熱は、髪と頭皮にとって大きなダメージになってしまいます。
同じ部位に2秒以上温風を当て続けないように、気をつけましょう。

髪が乾燥するのは主に、熱風が当たっている間ではなく、
髪の熱が冷めている間がもっとも効率良く水分が気化しているものです。

少しの熱風でも十分な乾燥効果があるので、
くれぐれもドライヤーでの熱しすぎには注意です。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ