毛髪の成長を促すために生活習慣を整えよう

薄毛・脱毛を食い止めて、発毛力を取り戻すためには
食事や睡眠など、生活習慣を改善していくことも
非常に重要になってくるポイントです。

薄毛の原因はさまざまで、個人差も大きいため
原因をはっきり絞り込むのは難しい場合も多いのですが、
ほとんどの場合、生活習慣や体調管理の乱れが
少なからず原因に繋がっています。

30代、40代〜の忙しい男性の場合は特に、
仕事の蓄積疲労や人間関係のストレスから
生活リズムを乱してしまう方も多いので、
薄毛に繋がってしまう行動をしっかり把握して
普段から育毛ケアを意識した生活を過ごしたいものです。

薄毛になりやすい食生活

バランスの片寄った食事習慣が原因で、
壮年性の薄毛・脱毛症が始まってしまう人は非常に多いものです。

とりわけ注意しておきたいのは、

  • 油脂を多く含む食品を食べ過ぎない
  • 発毛に必要な栄養分が不足しないように注意する

この2つのポイントです。

睡眠不足が発毛サイクルを停滞させる?

人間の体は日々、生まれ変わっています。

古くなった細胞を排出し、新しい細胞を作り出すことで
常に体の組織を新しく保とうとするはたらきがあるのです。

この細胞分裂が最も活発になるのは、
深夜0時〜3時の間と言われており、

毎日この時間帯にしっかり睡眠を取っておくことが
頭髪の生成、発毛にとってもきわめて大切なことです。

規則的な睡眠習慣を

睡眠時間が長くても、毎日就寝時間がバラバラだったりと不規則な場合、
睡眠不足のときと同じように、代謝サイクルが不安定になってしまいます。

人間の体は、毎日同じサイクルを保とうとする性質(恒常性)があるため、
日によって睡眠周期がバラバラだと、うまく機能してくれません。

  • 毎日決まった時間にベッドに入る
  • 最低5時間の睡眠時間をしっかり確保する

忙しい時期などはなかなか睡眠時間を確保するのも難しいかもしれませんが、
不摂生などで睡眠サイクルを乱してしまうことの無いように
普段からの心がけが大切ですね。

アルコールの害について

「お酒の飲み過ぎは薄毛・ハゲになる」とよく言われます。
これは、実際に医学的関連性が認められている事実で、

  • お酒を飲み過ぎる
  •        ↓

  • 肝臓でアルコールの分解が間に合わない
  •        ↓

  • 血液中のアセトアルデヒド濃度が高まる
  •        ↓

  • アセトアルデヒドが男性ホルモンDHT(デヒドロテストステロン)を増加させる

というメカニズムが知られています。

男性ホルモンDHTは脱毛の原因になる物質で、
このDHTの分泌量が多い状態を続けてしまうと、
抜け毛、脱毛が進んで薄毛が進行してしまいます。

肝臓で無理なく分解できる、適量の飲酒であれば問題ありませんが、
くれぐれも飲み過ぎは禁物、ということですね。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ