梅雨時は頭皮環境の悪化に注意しよう

梅雨時は、薄毛の人にとっては要注意の季節です。
気温が高くなるのと同時に雨で湿度が高まりますので、頭皮環境が悪化しがちだからです。

梅雨時は、いつも以上に念入りに、頭皮のケアをするようにしましょう。

「酸性雨でハゲる」から?

日本の雨は排気ガスなどによって酸性になっているから、
それを頭に受けるとハゲる…。
そういう話を聞いたことがある人もいると思います。

ただしそれは、間違いです。
日本の雨はたしかに酸性値がやや高くなってはいますが、
それが薄毛の原因になるわけではありません。

日本の雨は、たしかにph5〜6くらいの酸性になっています。
「ph(ペーハー)」は酸性、アルカリ性の程度を示す数値のことで、
中性ならph7、7より大きければアルカリ性、小さければ酸性です。

ところがこのph値、人間の肌の場合も約5.5と、雨と同じくらいです。
肌と同じくらいの酸性の雨で頭皮が濡れても、
頭皮に悪影響を及ぼすことはありません。

またph値がどうであれ、雨で濡れることそのものは、
頭皮に悪影響をおよぼすことはありません。

梅雨時に頭皮環境が悪化する原因は?

雨で濡れることそのものは薄毛の原因にはならないものの、
それを放置してしまえば問題が起こります。

雨には地上を舞う大量のホコリが溶け込んでいます。
その雨を頭皮に受け、そのままにしてしまえば、ホコリは毛穴に入り込みます。

毛穴に入り込んだホコリは毛穴を詰まらせ、
さらには炎症を起こすこともあります。

そうなると、毛穴の奥にある毛乳頭に悪影響を及ぼし、
薄毛を悪化させることになりかねません。

ですから梅雨時は、常に折りたたみ傘を携帯し、
雨が降ったらすぐさすようにして、頭皮を雨で濡らさないようにしましょう。
またシャンプーは、いつも以上に入念に行うようにしましょう。

日常的に帽子をかぶる人は特に注意

日常的に帽子をかぶっている人もいると思います。
そういう人は、梅雨時には特に注意が必要です。

ただでさえも湿度が高くてムレやすい季節ですから、
帽子をかぶっていると、さらに頭皮はムレムレになります。

梅雨時に帽子をかぶる場合には、
メッシュ素材のものなど通気性のよい物を選びましょう。

ただし梅雨時でも、紫外線は思っているより強いです。
紫外線も、薄毛を悪化させる一つの原因になるものです。

紫外線対策として通気性の良い帽子を被るのは、おすすめということになります。

6月病とのダブルパンチにも注意

大学生は、入学直後の5月頃、
受験という目標を失って「5月病」になると言われます。
社会人の場合には、「6月病」になることが多いようです。

これは新社会人にかぎらず、
ベテラン社員でも4月の異動のあとに起こることがあるようです。
慣れない職場でのストレスに加え、6月のジメジメとした気候の不快感から、
うつ症状を発症してしまうものです。

ストレスは、円形脱毛症の原因となることもありますし、
さらに円形脱毛症が悪化して、そのまま禿げてしまうこともあります。
6月病を防ぐためには、
頭皮のケアに加えてストレスを効果的に発散することも必要です。

ストレスの発散方法は?

睡眠

ストレスを発散するために効果的なのは、まず睡眠。
髪は睡眠中に成長することもありますから、
睡眠時間はきちんと取るようにしましょう。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージは、頭皮の血行を促進する効果があります。
これをサロンなどで施術を受けることにより、
ストレス解消の効果を期待することもできます。

趣味の充実

ストレスを解消するには、自分の好きな趣味に打ち込むことは効果的です。
お酒なども、飲み過ぎないようにしておけば、ストレス解消につながります。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ