頭が痒いのは抜け毛に関係ある?

「頭が痒い」のは、頭皮に何らかの異常が起こっていることが考えられます。
すぐにケアをしないと抜け毛に進行することもありますので、注意しましょう。

ここでは頭が痒い場合のケア方法をまとめました。

頭皮が乾燥している場合

頭皮が乾燥している場合、痒みが起きることがあります。
頭皮は次のような原因で乾燥することがあるので、
思い当たることがあれば改善しましょう。

シャンプーをし過ぎている

薄毛対策には、もちろんシャンプーは必要です。
シャンプーを怠ることによって頭皮が不潔になると、
分泌された皮脂が毛穴に詰まるなどして、頭皮環境が悪化します。

ただしシャンプーのし過ぎも、また逆効果です。
シャンプーをし過ぎると、頭皮に必要な皮脂までが洗い落とされてしまい、
頭皮が乾燥するからです。

シャンプーの回数は、基本的に1日1回で十分です。
冬場などでそれほど汗をかかない場合は、2日1回でもいいでしょう。

シャンプーの刺激が強すぎる

シャンプーには、

  • 高級アルコール系
  • 石鹸系
  • アミノ酸系

の大きく分けて3種類があります。
このうち高級アルコール系シャンプーは、価格が安くて泡立ちが良いですが、
洗浄力が強すぎることが欠点です。

シャンプーでは、余分な人は落とさなくてはなりませんが、
頭皮を保護するために必要な皮脂は、きちんと残さなくてはなりません。
シャンプーは、アミノ酸系のものを使うのがおすすめです。

シャンプー液を頭に直接かけている

シャンプーの液を、頭に直接かける人はいると思います。

でもこれは、頭皮にとっては良くありません。
シャンプーの原液は刺激が強すぎ、それが頭皮に直接かかると、
頭皮を乾燥させることがあるからです。

シャンプー液は必ず手に取り、よく泡立ててから頭につけるようにしましょう。

シャンプーのすすぎが足りない

シャンプー後のすすぎが足りず、シャンプー液が頭皮に残留してしまうと、
それが原因で頭皮が乾燥することがあります。
シャンプー後のすすぎは、最低でも3分以上、
念には念を入れて行うようにしましょう。

シャワーの温度が熱すぎる

シャワーは、お湯を直接かけることになるわけですから、
頭皮にはかなりの負担になります。
特にシャワーの温度が高すぎる場合には、
必要な皮脂までが洗い落とされてしまうこともあります。

シャワーの温度は、低めに設定するようにしましょう。
40℃以上では熱すぎて、最大でも38℃くらいまでにしておくのがおすすめです。

ドライヤーの仕方を間違っている

ドライヤーの熱も、頭皮を乾燥させる原因になります。
ドライヤーの熱風が頭皮に直接かかるのは、避けましょう。

ドライヤーをかける際は、かならず細かく動かして、
熱風が一箇所に当たることがないようにします。
またドライヤーを持っていない手で髪の毛をほぐすと同時に、
ドライヤーの熱風が直接頭皮に当たらないよう、防御しましょう。

エアコンを使い過ぎている

エアコンは、部屋を極度に乾燥させ、それが原因で頭皮が乾燥することがあります。
特にエアコンの風を体に直接受けている場合、乾燥の度合いは高くなります。

エアコンはできる限り利用しないようにし、
また利用する場合には温度設定は控えめに、
風が直接当たらないように風向を調整しましょう。

加湿器などを利用するのも、乾燥を防ぐためにはおすすめです。

頭皮にキズがついている

頭皮にキズがついていると、それが原因で痒みを感じることがあります。
頭皮のキズは、毛穴に炎症を起こしたり、
さらに薄毛の原因ともなりますので、注意しましょう。

頭皮にキズが付くのは、次のようなことが原因として考えられます。

シャンプーの際に爪を立てている

シャンプーの際に爪を立てると、それが原因で頭皮にキズがつくことがあります。
頭は必ず指の腹で、やさしくマッサージするように洗いましょう。

爪が伸びている

頭は、無意識にかいてしまうこともあります。
寝ながら頭をかきむしる人もいます。

その際に爪が伸びていると、頭皮にキズをつけることがあります。
爪はいつも、短く切りそろえておきましょう。

頭皮に汚れや雑菌が残っている

頭皮に汚れや雑菌が残っていると、それが原因で痒みを感じることがあります。
以下のことに気を付けましょう。

ドライヤーを使わない

シャンプー後にドライヤーを使わずに、自然乾燥させる人もいると思います。
でもこれは、頭皮に雑菌が繁殖する原因となることがあるので、
オススメできません。

シャンプー後は、かならずドライヤーを使って、髪をきちんと乾燥させましょう。

スタイリング剤が頭皮についている

ワックスやジェルなどのスタイリング剤を使う場合、
それが頭皮につかないように注意しましょう。
スタイリング剤が頭皮につくと、毛穴に入って毛穴を詰まらせ、
毛穴が炎症を起こすことがあります。

朝シャンプーをする

シャンプーを朝するようにしている人もいると思います。
ただそれだと、その日についた汚れを、
その日のうちに洗い落とすことができません。

頭皮に残った汚れや皮脂が、頭皮や毛穴に炎症を起こす原因となることがあります。
シャンプーは、かならず夜するようにしましょう。

ストレスがある

ストレスは、頭の痒みの原因となることがあります。

ストレスが加わると、皮脂が過剰に分泌されるようになります。
この皮脂が毛穴に詰まると、雑菌が繁殖し、毛穴が炎症を起こすからです。

また実際に頭が痒くなくても、ストレスが加わると、
思わず頭をかいてしまうことがります。
頭をかくことで無意識に副交感神経を優位の状態にし、
ストレスを解消しようとするからです。

頭をかけば、それが原因で頭皮にキズがつき、
頭皮環境を悪化させることがあります。

ストレスは、効果的に解消するようにしましょう。
湯船にゆっくり浸かったり、睡眠をきちんと取ったりすることは、
ストレスを解消するのに効果があります。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ