長時間ヘルメットを被っている作業員に薄毛が多いって本当?

長時間ヘルメットを被っている作業員に薄毛が多いって本当?

ヘルメットを被ると毛が擦れる、蒸れるなどの理由により、ヘルメットは薄毛の原因になると言われています。

特に長時間被りっぱなしの作業員やライン工などには薄毛が多いと言われますが、実はそのようなことはありません。

確かにヘルメットを被ると髪が擦れるため、抜け落ちやすくなる可能性は考えられます。しかし、だからといってヘルメットだけが薄毛の直接的な原因ではないのです。

今回はヘルメットと薄毛の関係について解説するので、仕事でヘルメットを長時間かぶるライン工や期間工の人におすすめです。ぜひチェックしてみてください。

ヘルメットと薄毛の関係

噂が生じた理由は様々考えられますが、ヘルメットを被ると必ず薄毛になるとは限りません。

確かに作業員の方は薄毛も時折見受けられますが、偶然の一致と考えることもできます。そのため、あくまでも噂レベルと捉えるのが一番と言えるでしょう。

汗が頭皮の衛生環境を悪化させる場合もある

ただし、ヘルメットを被ると頭皮が蒸れやすくなります。特に夏場は不快な思いをすることも多いですが、最も注意するべき季節でもあります。

頭皮が汗をかいたまま放っておくと、頭皮の皮脂分泌量が過剰に増えてしまうおそれがあるのです。

作業員に限った話ではありませんが、その時の温度・湿度次第ではヘルメットが頭皮環境を悪化させ、結果的に薄毛の引き金になります。

人間は汗をかくことで体温を調整しています。汗腺からは皮脂も分泌されますが、頭皮は特に汗腺が多く、汗や皮脂の分泌量が多くなっています。

そのため夏場は頭皮が蒸れやすく、帽子やヘルメットを被ると不快感を感じやすいのです。

その都度汗を拭けるなら問題ありませんが、夏場はそれでも追いつかないでしょう。特に皮脂の分泌量が他の季節より増えてしまいますので、皮脂が抜け毛を増やす原因になるのです。

こうした薄毛は、脂漏性脱毛症と呼ばれています。

脂漏性脱毛症はホルモンバランスの乱れによっても起こりますが、皮脂の過剰分泌が薄毛を招く症状になっています。頭皮が蒸れて皮脂が増え、脂漏性脱毛症になる可能性も否定はできませんので、夏場は特に注意を要します。

蒸れないようにすることが大事

ヘルメットなどを被ると頭皮が蒸れ、皮脂の分泌が増加する場合があります。それを防ぐためにも、何らかの方法で極力蒸れないようにする必要が出てくるでしょう。

頭皮環境のことを考えた場合、定期的にヘルメットや帽子を脱ぎ、タオルで汗を拭き取ることが最も確実です。内部がメッシュ構造で蒸れにくいヘルメットを使うのも手です。

いずれにせよ、夏場は蒸れないように注意することをおすすめします。ただ、頭皮の蒸れも薄毛を招く一つの原因でしかありません。

ほとんどの方は、それ以外の理由で薄毛になっていると考えられます。

薄毛になる原因は人それぞれ

男性は薄毛で悩まされることも珍しくありません。これはヘルメットを被って作業に当たる場合に限らず、誰にでも当てはまることです。

現在は問題がなくても、今後何らかのきっかけで薄毛になったり、抜け毛が増えたりする可能性は否定できません。実際はヘルメットの影響よりも、他の要素のほうが薄毛を引き起こしやすいのです。

薄毛の原因は人によって異なります。

遺伝の影響で薄毛になる方もいますが、ごくわずかのケースであり、ほとんどの方はそれ以外が原因と考えられます。薄毛は遺伝の影響が大きい、と考えている方もいらっしゃると思いますが、あくまで一つの要因でしかありません。

今までの私生活が影響を及ぼしているパターンが多いのです。

特に多いのは生活習慣や食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足や夜更かしなどです。これらは薄毛を招く原因となりやすく、人によっては複数の要因が積み重なって毛髪が後退していきます。

他にも過度な喫煙や飲酒が薄毛を招くと言われていますが、原因は人により異なる点に注意しましょう。

ただし、それで薄毛になるとは限りませんし、逆に一つのきっかけで影響が出てしまうおそれもあります。もし薄毛が気になり始めたら、まずは原因を探ることが重要です。

薄毛予防のポイント

ヘルメットを被ると薄毛になるとは限りませんが、皮脂の過剰分泌がそれを招く可能性はあります。ただ、薄毛はそれ以外の原因のほうが多く、ストレスなどが悪化させているパターンが多いのです。

どのような場合にせよ、もし薄毛を予防するなら対策が必要になるでしょう。

特に重要なのは頭皮のケアですので、頭皮のマッサージや育毛剤などを使ってしっかり対策しておきましょう。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ