育毛、発毛、増毛はそれぞれどう違う?

薬局やドラッグストアなどで、ヘアケア製品をよく見ると
「育毛剤」「発毛剤」「養毛剤」など、
製品ごとに微妙に表示が異なっていることに気づくと思います。

よく似た名称で紛らわしいため、
うっかり混同してしまっている方も多いかもしれませんが、
それぞれはっきり違った定義があるものなので、
購入前によくチェックしておきましょう。

育毛剤、発毛剤、養毛剤の違いについて詳しく説明していきます。

育毛剤について

薬事法による分類:医薬部外品

育毛剤は、医薬部外品に分類されている製品を指します。

「脱毛の防止及び育毛を目的とする外用剤」と定義されており、
薄毛、かゆみ、ふけ、脱毛予防、毛生と発毛の促進に
効能があるものが育毛剤として認められます。

医薬部外品は医薬品ではないため、
疾病などを「治療する」効果はないものとして扱われ、
医薬品と誤認させるような効能表示は禁止されます。

例えば育毛剤の場合、「生える」という表現を使ってはいけないなど、
消費者の誤解や誤用を防ぐため、厳しい表示義務が定められています。

薬用化粧品など、「薬用○○」という商品名のものも、
その多くが医薬部外品として扱われます。

発毛剤について

薬事法による分類:医薬品

発毛剤は、脱毛症の治療に効果が認められた薬剤のうち
医薬品として厚生労働省に認可されたものを指します。

医薬部外品に比べて効能・効果が強い分、
人体への影響も大きいので、販売には専門家の管理が必要になっています。

同じ医薬品でもいくつかのグレードに分かれており、
入手の難しさが薬効の強さを表していると考えていいでしょう。

  • 処方箋医薬品
  • 薬局医薬品(OTC医薬品)
  • 一般医薬品(第一類〜第三類医薬品)

養毛剤について

薬事法による分類:化粧品

養毛剤は、化粧品に分類されているものを指します。

医薬部外品よりも効果・効能は限定されていて、

  • 頭皮、毛髪を清浄にする
  • 頭皮、毛髪をすこやかに保つ
  • フケ、かゆみを取る

など、決められた効果以外は標ぼうできないことになっています。

保健機能食品について

その他、特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品などは
薬事法ではなく、食品衛生法で管理される食品という扱いになっています。

育毛サプリメントなどの多くが、この保健機能食品に分類され、
栄養バランスや代謝向上などの面から、毎日の育毛ケアを助けてくれます。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ