1日当たりの抜け毛の本数は平均でどれくらい?

年齢と共に増え始める、頭髪の抜け毛。
薄毛が進行してくる年齢になると、
朝の起床時の抜け毛や、シャンプー時の抜け毛が
気になって仕方ない、という方も多いと思います。

髪の毛が抜けて、また生え替わるのは新陳代謝の一環なので
多少の抜け毛は当たり前のことです。

抜け毛を完全に防止することは不可能ですし、
平均的な量の抜け毛であれば、心配することはありませんが、
急速に脱毛が進むようなら、早急な育毛ケアが必要になってきます。

1日あたりの抜け毛本数の平均など、
抜け毛に関する知識をまとめました。

1日あたりの抜け毛の本数は?

抜け毛が発生する理由

日本人の平均的な髪の毛の本数は、およそ10万本とされています。

この10万本の髪の毛は、1本ごとに
ヘアサイクルと呼ばれる成長周期を持っており、
成長期と退行期を繰り返しています。

退行期になると髪の毛は抜け始め、休止期を経て
新しいサイクルの成長期に入ると、次の髪の毛が生え始めます。

この一連のサイクルに要する時間は、

  • 2年から6年

と言われています。

抜け毛の本数は、個人差が大きい

ヘアサイクルが早い人は、
短いサイクルで退行期と成長期を繰り返しているため、
1日あたりの抜け毛の本数も、人より多くなります。

逆にヘアサイクルが遅い場合は、
抜け毛もゆっくりと進行することになります。

  • 多い人で1日に200本以上、少ない人だと10本〜30本程度

このように、抜け毛の本数はヘアサイクルによって
かなり個人差の大きいものだということを覚えておきましょう。

統計上の平均は、60本前後

ある統計によれば、日本人の1日あたりの平均抜け毛本数は60本程度だそうです。

もちろん、これより多いからと言って脱毛症が早く進む訳ではありませんし、
少ないからといってハゲないということもありません。

また、ヘアサイクルが長いか短いかという違いも、
それほど薄毛の原因とは関係がないようです。

急に抜け毛が増えたら要注意

大切なのは、自分の1日あたりの抜け毛をある程度把握しておいて、
急に抜け毛が増えたときに、素早く集中ケアを始めることです。

睡眠不足、暴飲暴食など生活習慣の乱れが
一時的に脱毛を進行させてしまうことも多いため、
「抜け毛は健康のバロメーター」と考えて、
生活リズムを見直すきっかけにしてみてはどうでしょうか。

1日あたりの抜け毛本数を数えるには、

  • 起床時の枕の周りの抜け毛
  • シャンプー時の抜け毛

この2つを数えてみれば、おおよその本数が把握できます。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ