白髪が生える原因・メカニズム

寝不足が続いたり、体に疲労が溜まったりすると
抜け毛と白髪が同時に増えてしまう……こんな経験はないでしょうか?

白髪と薄毛は非常に関係の深い症状で、
どちらも毛乳頭細胞の活動低下が主要な原因になっています。

そのため、抜け毛が増えるような状況下では
同時に白髪も増えてしまうケースが少なくありません。

白髪の生える原因やメカニズムについて、
正しい知識を持っておき髪のケアに役立てましょう。

白髪が生えるメカニズム

髪が黒いのはなぜ?

日本人の場合、頭髪の色は黒い方がほとんどですが、
これは毛髪の細胞に含まれるメラニン色素によるものです。

人種などの違いにより、色素を決定する遺伝子が異なるため、
髪の色もそれぞれ違ってくることも、広く知られている通りです。

メラニン色素のはたらき

メラニン色素はシミやソバカスの原因としても有名です。
そのため、肌にとって良くない物質のようにも思われがちですが、
本来、皮膚や髪の毛を守る役割を持っています。

日光の波長である紫外線は、細胞を破壊するなど
人体にダメージを与えてしまうことが知られていますが、
メラニン色素はこの紫外線を吸収することで、
体組織のダメージを軽減してくれるのです。

赤道直下の国々など、紫外線が強い地域に住む人種に、
肌や髪が黒い人々が多いのも、同じ理由によるものと考えられています。

髪のメラニン色素は毛乳頭で作られる

人体のメラニン色素は、メラニサイトという色素細胞で作られており、
髪の毛の場合、このメラニサイトは毛乳頭に存在しています。

そのため、メラニン色素を作る機能は、
毛乳頭が活発に活動しているかどうかに大きく左右されます。

毛乳頭に栄養が行き渡らなくなったりして
その活動が抑制されてしまうと、色素細胞のメラニン生成力も低下するため
髪の毛から色素が失われてしまうことになります。

白髪になる主な原因

加齢

老化と共に毛根の活動が衰退しはじめると、
メラニサイトの機能も低下してしまい、髪の毛から色素が失われます。

栄養不足

毛根の活動に必要な栄養が届かなくなると、
やはり同じように白髪ができる原因になります。

タンパク質、ビタミンなどの栄養摂取が不足している場合の他に、

  • 疾患などで体の他の部分に優先的に回される
  • 血行が悪く、頭皮の毛細血管まで栄養を運搬できない

その他にも、睡眠不足など生活習慣の乱れが白髪を作ることが多く、
若白髪の大きな要因の1つになっています。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ