白髪を予防するために意識したいこと

白髪は毛根の活動低下が原因で起こる髪のトラブルの1つです。

遺伝や病気など対処が困難なものもありますが、
白髪の原因の中には、生活習慣の改善ですぐに回復が見込めるものも多いです。

白髪は1日や2日という短い期間で出来てしまう半面、
色素細胞の活動が活性化されれば、比較的早く改善されることがほとんどです。

それでも、白髪ができてしまうような頭皮環境になっている場合、
抜け毛、薄毛を伴っているケースも少なくありません。

白髪になってから慌てて対処するのではなく、
普段から白髪と脱毛の予防を心がけておきたいものです。

白髪を予防するために大切なポイント

栄養バランス

白髪を作らないためには、
メラニン色素を生成している毛乳頭のメラニサイトに
しっかり必要な栄養を供給し、活動できる環境を整えることが肝心です。

全ての栄養素をバランス良く摂取するのが理想ですが、
中でも毛乳頭が特に必要とする栄養素には、次のようなものがあります。

  • タンパク質
  • ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE
  • 亜鉛

タンパク質と亜鉛は、細胞の活動の基礎となるきわめて重要な栄養素です。
動物性タンパク質はプロテインスコアが高く吸収効率がいいですが、
脂質とカロリーも多いため、大豆などの植物性タンパク質と合わせて摂りましょう。

ビタミンB群はその手助けをするほかに、
代謝機能や血液の循環を良くして、毛根まで栄養素を届けてくれます。

ビタミンCとビタミンEは、高い抗酸化作用を持ち、
細胞の老化を防ぐはたらきがあります。

十分な睡眠

細胞分裂は夜0時から2時までの間に
もっとも活発になると言われています。

髪の毛にとっても、この時間帯は活発に新陳代謝が行われる
重要な成長と回復の時間です。

毎日、この時間にしっかり睡眠を取ることで、
髪の健康と白髪の予防にきわめて大きな効果があることが分かっています。

適度な運動

髪の毛に限らず、美容と健康全般の基本ですが、
適度な運動習慣で代謝と血行を高めておくことも忘れてはいけません。

髪のトラブルに直結するストレスの解消にも効果があるため、
1日10分程度のウォーキングでもいいので、
意識的に体を動かし、有酸素運動で心肺機能と循環器系を活動させる習慣を付けましょう。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ