頭皮が赤くなってしまう原因と改善方法

頭皮が赤くなって炎症を起こしたり、腫れてしまう場合は
外側からの刺激が原因になっているケースが多いようです。

自分では気づかない理由で、
炎症の原因を作ってしまっていることもあるため、
なかなか治りにくかったり、悪化させてしまいやすいのが特徴です。

症状が進行すると、化膿してしまったり、
円形脱毛症などの急激な脱毛の原因にも繋がってしまうため、

頭皮に痒みや炎症を発見したら、早めのケアを心がけましょう。

頭皮が赤くなってしまう原因について

物理的な刺激

爪で掻いてしまうなど、物理的な摩擦による刺激が
炎症の原因になってしまっていることがあります。

特に気をつけたいのが、無意識に掻いてしまっているパターン。

頭皮に痒みを感じる場合など、寝ている間に掻きむしったりして
知らないうちに炎症の原因を作ってしまう人もいます。

「朝、起きると頭皮の炎症がひどくなっている」といった場合は
このケースに該当する可能性が高いと思います。

ひっかき防止手袋(掻爬防止手袋)などの皮膚ケア製品を
利用してみるのがいいかもしれません。

皮脂の酸化による炎症

頭皮環境にさまざまな悪影響を及ぼす、皮脂の分泌過剰。

皮脂は大気中の酸素に触れることで酸化し、過酸化脂質へと変化します。
過酸化脂質は、体内で動脈硬化や発がん要因になるほかにも、
アトピー性皮膚炎など、皮膚疾患の原因になることが分かっています。

シャンプーなどの影響

  • 脱脂力の強すぎるシャンプーの使用
  • すすぎ不足(頭皮に成分が残ってしまう)
  • シャンプーの回数が多い
  • 爪を立ててゴシゴシと洗う

など、間違ったシャンプーの仕方を続けることも、
頭皮の赤み、炎症を引き起こす大きな原因です。

紫外線によるダメージ

強い紫外線(UV)が皮膚にダメージを与えることは良く知られていますが、
特に男性の場合、女性に比べると
UVケアがおろそかになってしまっている人は多いようです。

紫外線の量は、日差しの強さとはあまり関係がなく、
冬場や曇りがちの日でも、UV量が多いときがあります。

屋外にいる時間が長いときは、帽子などでUVを遮断するケア習慣を。

頭皮が赤くなってしまう場合の改善方法

シャンプー選びは育毛ケア用のものを

皮膚を清潔に保ち、皮脂のバランスを調整して
理想的な頭皮環境を作るためには、シャンプー選びが重要です。

育毛ケアの基本でもありますが、頭皮トラブルの多い方は特に
育毛用の肌に優しいシャンプーを選ぶのが安心です。

皮膚疾患の場合は、早めに皮膚科へ

頭皮の赤みや炎症が数日たっても引かないようなら、
脂漏性皮膚炎などの皮膚疾患の可能性があります。

抗炎症剤や抗生物質などで迅速に治療するのが有効ですから、
おかしいなと感じたら、早めに皮膚科で診察を受けておきましょう。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ