頭皮が乾燥してしまう原因と改善方法

頭皮が乾燥した状態が続いてしまうと、
育毛の面からも大きなデメリットに繋がります。

乾燥肌、脂性肌などの肌質によって、
有効なケアは違ってくるので、

まずは自分の肌質を把握しておくことから始めましょう。

頭皮が乾燥してしまう原因について

頭皮が乾燥する理由はさまざまですが、
大きな理由の1つに皮脂不足が挙げられます。

皮脂腺から分泌される皮脂は、角質を守るバリア機能のようなもの。
薄毛の原因として目の敵にされがちな皮脂ですが、
本来、皮膚にとっては必要な成分です。
皮脂が不足してしまうと、過剰な水分の蒸発を招き乾燥を引き起こします。

皮脂不足以外にも、

  • 頭皮の血行不良、代謝の低下
  • アレルギーや皮膚疾患
  • 肌の老化
  • 紫外線(UV)によるダメージ

などの理由で、頭皮の角質から水分が奪われてしまいます。

頭皮の乾燥を改善する方法について

オイリー肌だから乾燥しないとは限らない?

頭皮の乾燥と皮脂との間には、密接な関係があります。

「皮脂でテカテカしがちなオイリー肌だから、乾燥肌とは無縁」
と思っている人の中にも、実は隠れ乾燥肌のケースがあります。

オイリードライ肌(複合肌)とも呼ばれる隠れ乾燥肌は、

  • 皮膚の乾燥が原因で、オイリー肌になってしまっている

というもの。

乾燥によるダメージから肌を守るために、
皮脂の分泌が活性化されておこる状態です。

オイリー肌の男性の場合、
「頭皮をしっかり乾燥させて、清潔にした方がいい」
と考えがちですが、乾燥させすぎてしまうと逆効果になりかねません。

  • 脂取り紙を使いすぎる
  • 1日に何度もシャンプーをする
  • 洗浄力(脱脂力)が強すぎるシャンプーを使う

こういったケアは、オイリードライ肌を作ってしまう可能性大。

「皮脂の除去」と「保湿」のバランスを考える必要があります。

育毛シャンプーなど専用のケア製品には、
アミノ酸や馬油などの不飽和脂肪酸を使って
「余分な皮脂だけを落とす」ことに配慮したものが多いので、
頭皮の乾燥に悩んでいる方には、特におすすめです。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ