頭皮のイヤな臭いの原因と改善方法

頭皮からイヤな臭いがするようになったら、
皮脂の酸化や、細菌の繁殖が原因かもしれません。

頭皮を清潔に保つことを基本に、
栄養バランスにも気をつけることで原因の多くは改善できます。

「頭皮からの臭いは、頭皮環境の乱れ」と考えて、
生活習慣から見直してみましょう。

体臭などは自分自身ではなかなか気づかないことも多いので、
家族や親しい友人に1度チェックしてもらうのもいいかも知れません。

頭皮からイヤな臭いがしてしまう原因

皮脂の酸化

頭皮に付着した皮脂などの油分が、空気中の酸素と反応することで
酸化が進み、過酸化脂質と呼ばれる物質に変化します。

過酸化脂質はさまざまな成人病や疾患の原因になるもので、
頭皮環境にとっても害の大きい物質です。

皮脂の他にも、整髪料などに含まれる油脂分が
紫外線と反応することで過酸化脂質を作り出してしまうこともあります。

細菌の繁殖

人間の皮膚には20種類を越える皮膚常在菌と呼ばれる細菌が生息しています。

これらの細菌が皮脂や角質を栄養として繁殖することで、
湿疹などの皮膚の疾患や、臭いの原因になるケースも少なくありません。

片寄った食生活

脂肪分や糖分の摂りすぎが皮脂を増やしてしまうことはよく知られていますが
それ以外にも、体臭の原因に繋がってしまう食べ物が考えられます。

動物性タンパク質など

肉類などの動物性タンパク質、動物性の脂肪は
体内で分解されるときに、硫化水素やスカトールなどの物質を発生させ、
それが臭いの原因になってしまうことがあります。

加齢臭によるもの

一般に加齢臭と呼ばれる体臭の変化は、
汗や皮脂などの皮膚分泌物に含まれる成分のバランスが
老化とともに変わってくることが原因です。

30代、40代を過ぎると、分泌物中に
ベラルゴン酸、ノネナールなどの成分が多くなりはじめ、
これらが加齢臭の原因になるのです。

頭皮からイヤな臭いがする場合の改善方法

基本は頭皮を清潔に保つこと

育毛ケアの基本中の基本ですが、
頭皮環境を正常化させるためには
皮脂や汚れをシャンプーでしっかり落としておくことが鉄則です。

シャンプーで頭皮をきれいにしていても、
コンディショナーや整髪料の付けすぎで
結果的に頭皮を汚してしまっている男性も少なくありません。

頭皮からイヤな臭いを感じたときは、
しばらくの間、必要なもの以外は付けないようにして
様子を見てるようにしましょう。

野菜とタンパク質中心の食生活を

  • 脂肪分、糖分を控える
  • 高タンパク低カロリーの食品を中心に
  • 野菜や果物を意識して摂取する
  • 不足しがちなビタミン、ミネラルはサプリメントで
若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ