育毛剤は医薬品より医薬部外品のほうが副作用がないので安心

育毛剤には、

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

の、大きく分けると3種類があります。
このうち効果と安全性のバランスを考えると、医薬部外品のものがおすすめです。

医薬品とは?

医薬品と医薬部外品・化粧品の違いについては、
「薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)」
で詳しく定義されています。

まず医薬品は、「病気の診断・治療または予防に使用されるもの」と定義されます。
すべて「日本薬局方」に収められ、厚生労働省によって一つ一つ、
有効成分の効果・効能が認められています。

医薬品は、効果が高いかわりに副作用も強いです。
そのため販売方法が厳密に決められています。

医療用医薬品

医療用医薬品は、医師が診断し、処方箋を書かなければ販売できません。
副作用がもっとも強く、医師による指導が義務づけられています。

一般用医薬品(OTC医薬品)

一般用医薬品は、医師の処方箋までは必要とされないものの、
販売方法についてはやはり厳しく決められています。
「OTC」とは「Over The Counter(オーバー・ザ・カウンター)」の略で、
薬局で対面販売することを意味しています。

一般用医薬品は、

  • 第一類
  • 第二類
  • 第三類

の3種類に分けられます。

第一類医薬品

副作用によるリスクは、一般用医薬品の中では一番高くなります。
薬剤師による書面を使った情報提供が義務づけられています。

第二類医薬品

第二類医薬品は、副作用によるリスクが比較的高いもの。
薬剤師による情報提供が「努力義務」とされています。

第三類医薬品

第三類医薬品は、医薬品の中では副作用のリスクはもっとも低く、
薬剤師による情報提供は「不要」とされています。

医薬部外品とは?

医薬部外品の目的は、次のことに限定されています。

  • 吐きけその他の不快感または口臭もしくは体臭の防止
  • あせも、ただれ等の防止
  • 脱毛の防止、育毛または除毛

作用は医薬品と比較すると「緩和」であり、副作用の心配も基本的にありません。
そのため販売方法については特に制限は設けられておらず、
店舗やネットショップで自由に購入することができます。

化粧品とは?

化粧品は、薬機法で、
「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、
または皮膚もしくは毛髪を健やかに保つために、
身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的」
とされています。
効果は医薬部外品よりもさらに「緩和」で、副作用などはもちろんありません。

育毛剤は医薬部外品がおすすめ

さてこれら医薬品・医薬部外品・化粧品の3種類が、育毛剤にはあるわけですが、
まず医薬品の育毛剤には、相当強い副作用があります。

プロペシアには、
性欲減退、勃起機能の低下、うつ症状、肝機能障害、精子減少
などの副作用があります。

ミノキシジルには、
低血圧、多毛症、ニキビ・肌荒れ、性的不能・性欲減退、局所発熱、奇形児
などの副作用があります。

しかもこれらの副作用は、薬の服用を中止しても症状が収まらない場合があり、
アメリカでは集団訴訟にまで発展しています。

次に化粧品の育毛剤は、医薬部外品とは異なり、
「抜け毛の防止」や「育毛」のために必要な成分が含まれません。
成分が含まれなければ、育毛効果も発揮しようがありません。

そう考えると、抜け毛の防止や育毛のために必要な成分がきちんと含まれ、
しかも副作用がなく安全性が高いのは、
医薬部外品の育毛剤であることになります。

実際現在、医薬部外品の育毛剤は商品の種類が一番多く、
優れた商品も多数販売されています。

効果と安全性のバランスを考えると、この医薬部外品の育毛剤が、
一番おすすめです。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ