頭皮に刺激を与えるシャンプー、育毛剤に注意

育毛剤や育毛シャンプーにはさまざまな成分が配合されていますが、
中には、頭皮に強すぎる刺激を与え、
悪影響を及ぼしてしまうものもあります。

毛乳頭に適度な刺激を与えることは、
育毛ケアにとって効果的なことですが、
頭皮環境を悪化させたり、ダメージに繋がってしまうような刺激は
極力、避けるように注意しておく必要があります。

洗浄力が強すぎる育毛シャンプーに注意

シャンプーで頭皮の皮脂を除去することは、
頭皮環境の正常化の面でもとても有効なケアです。

ですが「洗浄力が強すぎる」ものを使い続けると、
本来、肌にとって必要な皮脂まで除去してしまって、

  • 頭皮を乾燥させてしまう
  • 逆に皮脂の過剰分泌を招いてしまう

などの逆効果になってしまう可能性が高いのです。

肌の乾燥が、オイリー肌の原因になる?

皮脂は本来、肌を紫外線や乾燥から守る役割があるもの。
皮脂が足りなくなって乾燥すると、
乾燥から皮膚を守ろうとして、皮脂の分泌量を増加させはじめます。

このように、「乾燥肌」と「オイリー肌」は表裏一体のもの。

乾燥が原因でオイリー肌になってしまう、
複合肌(オイリードライ肌)の男性も多いと言われています。

シャンプーの洗浄力とは?

シャンプーなど洗浄剤の洗浄力は、
使われている「界面活性剤」の種類で決まると言っても過言ではありません。

肌用洗浄剤を使う最大の目的は、脂汚れを落とすこと。
油分を水に溶かして落とすために、界面活性剤(乳化剤)が使われます。

この界面活性剤のはたらきが高すぎると、
「強すぎて肌に合わないシャンプー」になってしまいます。

化学的に合成された界面活性剤は避けて、
天然成分のアミノ酸や馬油などで洗うタイプのものが
育毛に適したシャンプーだと言えるでしょう。

添加物の多い育毛剤は避けよう

育毛剤には髪に良い成分だけが含まれている、とは限りません。

香料や保存料など、本来は必要のない添加物が使われている場合、
人によっては肌荒れなどの原因になってしまいます。

  • できるだけ合成添加物が少ないもの
  • 天然素材の生薬やハーブを使用しているもの

 (甘草、ヒノキ、オタネニンジンなど)

を選んで使うのがおすすめです。

若ハゲに悩んでいる人はコレを使え!
このページの最上部へ